保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

在庫文具を子どもたちに 閉店した文具店が寄贈

教育

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
来店した教員と話す入江さん
来店した教員と話す入江さん

 1月末に閉店したヤング文具店(上菅田町)の入江千代子さんが、3月22日から3日間、区内の小中学校と児童自立支援施設に、在庫文具を寄贈した。

 「残った在庫を文具が買えない子や、区内の子どもたちに使ってほしい」と、保土ケ谷区社会福祉協議会に相談したのがきっかけで、区社協から各学校に通知し3日間限定で店を開いた。

 来店した教員たちは「絵の具の筆はすぐにボロボロになるからありがたい」など、学校で必要なものも揃え、子どもたちのために弁当箱や筆箱を持ち帰った教員もいたという。

 こうした寄贈のケースは区内では初めてで、入江さんは「寄付したいと思ってもどうしたら良いかわからない人も多いのでは。社協に相談して在庫を役立てることができてよかった」と話していた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook