保土ケ谷区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

17・18日上演 若き県令「大江卓」題材に 劇団横濱にゅうくりあ最新作

文化

モーツアルトの作品も
モーツアルトの作品も
 明治5年に横浜で起きたマリア・ルーズ号事件を裁いたことで知られる若き神奈川県令・大江卓。その生き方をモチーフとした舞台『大江卓 最後の一日』が9月17日(日)と18日(月・祝)、あかいくつ劇場(横浜人形の家4階)で行われる。

 舞台を披露するのは1984年創立の「劇団横濱にゅうくりあ」。代表の泉谷渉さんが作・演出を手掛ける。

 生きとし生けるものが差別を受けない世界はくるのか。今にも通じるテーマに演劇を通して挑戦する。

 チケットは当日1500円(前売1200円)。65歳以上または高校生以下は1千円。12歳以下の入場不可。(問)同劇団吉浜さん【携帯電話】090・3591・3996

ミニ・コンサートも

 同劇団で音楽を担当する北井康一さんが出演する「コンサート」も12月17日(日)午後6時30分から、南公会堂=南区浦舟町2の33=で開催予定。モーツアルトのフルート四重奏第4番と北井さん編曲のフルート四重奏第5番が披露される。(問)北井さん【携帯電話】090・4742・8513

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花が見ごろ

保土ケ谷公 園

梅の花が見ごろ

週末にはイベントも

2月24日~2月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク