保土ケ谷区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

市民病院 新型インフル想定し訓練 受け入れ手順などを確認

社会

患者を陰圧用車イスに乗せる訓練
患者を陰圧用車イスに乗せる訓練

 エボラ出血熱やペストなどの一類感染症患者を受け入れる県内唯一の指定医療機関となっている岡沢町の横浜市立市民病院(石原淳病院長)で11月29日、新型インフルエンザの患者受け入れ訓練が行われた。

 横浜検疫所との合同で行われた今回の訓練では新型インフルエンザの集団感染が起きた国に寄港し、横浜港に向かうクルーズ船の船内で感染が疑われる患者が発生したと想定。医師や看護師、放射線技師、臨床検査技師など50人ほどが参加し、患者の受け入れから診察までの過程を検証した。

 同港から救急車で同院の感染症外来病棟に患者が搬送されると、防護服に身を包んだ医師らがウィルスのまん延を防ぐ装置が備えられたビニール製の「陰圧用車イス」に乗せ移し隔離。

 その後、病棟に2つ用意さえている第一類感染症に対応する専用病室に移送し、感染症管理医と看護師が患者の診察手順や二次感染を防ぐための使用器具の取り扱いや受け渡し方法、診断終了後の防護服の脱衣手順などをひとつ一つ確認しながら進め、一連の動きを確認した。

 感染症内科の立川夏夫医師は「現在も中国の一部で新型インフルエンザが発生しており、いつこういった事態が発生してもおかしくない状態にある。スタッフの入れ替わりもあり、こういった訓練を定期的に行い有事に備える必要がある」と話した。

 同院では2009年に当時高校生だった男性が修学旅行先のカナダから帰国し発熱、たん、せきなどの症状を示し、新型インフルエンザ感染の疑いがあるとして受け入れた事例がある。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

地域交流施設を完成

帷子町八ッ橋さん

地域交流施設を完成

2月1日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク