保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷球場で天体観測 反射望遠鏡など使い撮影にも挑戦

社会

空は雲がかかっていたが球場内で天体望遠鏡を構え月面などを観察した
空は雲がかかっていたが球場内で天体望遠鏡を構え月面などを観察した
 県立保土ケ谷公園内の硬式野球場・サーティーフォー保土ケ谷球場でこのほど、天体観測会が開かれ、20人ほどが冬の空に望遠鏡を向けた。

 区域でも高所に位置し、周辺が暗く夜空の観察に適した野球場から星や月を観察しようという企画で、この日は桜丘高校で長い間、天文部の活動に携わってきた古屋好祥先生(現在は市立南高校副校長)が観察法などを指導。参加者は大型の望遠鏡を使い、西の空にある「夏の大三角」や東の空にある「スバル」などを観察し、天体撮影にも挑戦した。

 この日の夜は雲がかかり天体観測・撮影には厳しい条件だったが、うす雲の中に浮かぶ月を観察すると、望遠鏡内には月面のクレーターの凹凸がはっきりと見え、歓声が上がっていた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす5日から

10月5日~11月4日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク