保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

笹山保育園 地域交流の「要」に みんなの食堂開設

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
食事をとる利用者たち(写真上)・みんなの食堂を開設した笹山保育園(写真右)
食事をとる利用者たち(写真上)・みんなの食堂を開設した笹山保育園(写真右)

 上菅田町にある笹山保育園(佐藤敏子園長)が異世代交流や孤食の防止策として近年全国的に広がりを見せている「みんなの食堂」(子ども食堂)を5月16日に開設した。区内では7カ所目の開設となり、保育園を利用しての提供は区内初。高齢者や子どもの交流拠点としての役割が期待される。

 1969年に設立した笹山保育園が位置する上菅田町は区内でも特に高齢化が進み、町内の65歳以上の人口が約3割を占めている。こうした現状を受け、2年ほど前に「高齢者と子どもが共に支え合っていけるような施設運営をしたい」と考えていた佐藤園長は当時、区内で取り組みが徐々に広まり始めていた「みんなの食堂」に着目。区社協が主催する勉強会にも参加し、1年前からは笹山地区社会福祉協議会や区に食堂開設に向けた相談をするなど、開設に向けた段取りや準備を入念に推し進めてきた。

 この日、開設したみんなの食堂には笹山地区社会福祉協議会から6人がボランティアとして参加。自炊したみそ汁やあまった食べ物を地域の福祉団体や施設に寄付する「フードドライブ」を活用して高齢者や子どもに提供していた。利用者の1人は「園長先生は子どもがお世話になっていた頃から知っている。今回このような場を提供してくれたのは嬉しい。今度は仲間も連れてきたい」と喜んだ。佐藤園長は「まだ始まったばかり。食事を通して今後も高齢者と子どもが交流し、地域を盛り上げられるような活動をしていけたら」と今後の運営に向けて話した。

 同園では今後、みんなの食堂を毎月第1・第3水曜の午後3時から開催する。子どもが50円、大人は100円で利用することができる。

6月に区民主体での懇談会も実施予定

 異世代の交流や孤食の防止を目的したみんなの食堂の取り組みは全国へ広がりをみせており、区内でも2年前から実施されている。区社会福祉協議会によると現在も食堂開設に向け相談を受けているという。また、今年度からはみんなの食堂を立ち上げた有志で実行委員会を立ち上げ、6月には運営している食堂の取組事例や課題を情報共有する懇談会を実施する予定となっている。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook