保土ケ谷区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

西日本豪雨被害 区内でも支援の動き チャリティーライブも

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
広島県内に暮らす書家・詩人の坂口赤道さんらがパフォーマンスした
広島県内に暮らす書家・詩人の坂口赤道さんらがパフォーマンスした

 西日本を中心に200人を超える死者を出した豪雨被害を受け、義援金を募るチャリティーコンサートが開催されたり、区役所などには募金を受け付ける箱が用意されるなど、区内でも支援の動きが出始めた。

広島在住の書家らが呼びかけ

 今月22日には帷子町の「かたびら・スペース・しばた。」でチャリティーライブイベントが開かれた。13日に岩井町に開業したコワーキングカフェ「KIKCAFE」の飯島恵代表は以前から交流のあった書家・詩人の坂口赤道さんを招きオープニングイベントの開催を考えていた矢先に今回の災害が発生。坂口さんが広島県内に暮らしていることもあり、予定を急きょ変更し、イベントを被災地を支援する内容とした。

 趣旨に賛同した多くのアーティストが出演したこの日、書道パフォーマンスを終えた坂口さんは集まった約20人の地域住民らを前に「小さなチャリティーでもここに来た10人が主催者になれば10倍の募金になる。大きな支援は大手の方々に任せ、小さな支援も仲間がつながれば大きな支援になる」などと話し、支援の輪の拡大を呼びかけた。

義援金募金箱

 義援金を募る動きも活発化している。区役所は1階総合案内窓口に専用の募金箱を設置。被災地に思いを寄せながら、募金する来庁者の姿が数多くみられる。8月13日まで設置予定で集まった募金は日本赤十字社を通して、被災地の救援活動支援に役立てられるという。

 地域の人たちから寄付された衣類や雑貨を販売した収益金で、国内外の人々の自立支援や災害復興支援を行っているWEショップ・ほどがやでは星川店と天王町店に募金箱を設置。送付先や送付方法などは今後のようすを見ながら検討するという。
 

義援金箱を手にし募金を呼びかける菅井区長
義援金箱を手にし募金を呼びかける菅井区長

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook