保土ケ谷区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

金沢区の作家大島さん 隠された「浜空」の悲劇一冊に 本紙記事が調査の発端

文化

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
著書を持つ大島さん。ノンフィクション作家として活動し、現在は「石巻学」という雑誌編集などを行っている
著書を持つ大島さん。ノンフィクション作家として活動し、現在は「石巻学」という雑誌編集などを行っている

 金沢区在住のノンフィクション作家、大島幹雄さんによる新書「語り継ぐ横浜海軍航空隊」がこのほど出版された。

 横浜有数の桜の名所である富岡総合公園(金沢区)には、かつて「横浜海軍航空隊」(浜空(はまくう))の基地があった。同書では、隊員らがこの基地から出発し南太平洋のソロモン諸島で戦った実録を、丁寧な取材をもとに克明に描いている。

 1942年6月のミッドウェー海戦後、戦局の最前線となっていたソロモン諸島。ガダルカナル島では日本軍による航空基地建設が進み、浜空はこの近くに位置する2島周辺を「ツラギ」と呼び、哨戒(敵機への警戒)のための拠点にしていた。

 戦闘が起きたのは同年8月。基地建設を察知した米軍が、ガダルカナルとツラギの攻撃を行う。1万人以上のアメリカ兵が海から空から攻撃してきた。しかし浜空はもともと偵察・哨戒を主な任務とする部隊。わずかな武器しかない状態で洞窟に身を隠しつつ、2日間にわたり抵抗したものの、数人のみを残し数百人の尊い命が奪われてしまう。

 「玉砕」は大本営によって固く隠された。この事実を伝えようとしたのが、九死に一生を得た浜空の元隊員らだった。大島さんは「この悲劇を語り継いできた人がいたことを残さねばという気持ちで書き上げた」と語る。

「今のうちにやらなきゃ」

 「富岡に住んで30年経っていたが、浜空の存在は知らなかった」と大島さん。本格的に調べはじめたきっかけは約4年前。毎年春に富岡総合公園で行われている「浜空戦没者慰霊祭」について取り上げた、本紙金沢区版の記事を読んだことだ。取材対象は90歳前後と、高齢の人も多く「今のうちにやらなきゃという思いも強かった」と話す。

 現在、慰霊碑の周りを掃除するのが日課になったという。「最近落ち葉が増えてきたので、この本の原稿料で落ち葉掃除機を買うのがささやかな楽しみ」とほほ笑む。

 同書は有隣新書より1000円(税別)で販売中。新書版220ページ。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今月は中止に

行政書士による無料相談会

今月は中止に 社会

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

〜感染染症対策施し屋内開催〜

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 社会

9月16・27日に

9月16日号

災害支援ナース募集

女性起業家を紹介

【Web限定記事】

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月9日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook