保土ケ谷区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

患者負担の少ない「心臓MRI」 狭心症・心筋梗塞の発見も

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 気温が下がってくると交感神経が活発になり心臓の仕事量が増えるため心疾患のリスクが増してくる。心筋梗塞の前段階の疾患ともいえる狭心症の有無を事前に把握して置くことが重要だ。昨春、最新型のMRI装置を導入した横浜保土ケ谷中央病院循環器内科の小林俊一医師=写真=は「患者さんの負担が少なく心臓の状態を調べることができる」と心臓MRI検査の有効性を話す。

早期発見

 これまでであれば入院が必要なカテーテル手術やCTによる検査が一般的だったが、磁気の力を使い体内の状態を撮影するMRIは放射線被ばくの心配もない。通常の健康診断で行う心電図やレントゲンでは把握することができない心臓の血管の狭くなっている部分を確認することができ、冠動脈の状態を詳細に把握することができ早期に発見されたことで発症前に治療を施すことができるケースもあるという。

チェックポイント

 【1】心電図で異常を指摘された【2】家族に心臓病の人がいる【3】健診で高血圧や糖尿病、高コレステロール血しょうを指摘された【4】喫煙習慣がある―小林医師はこのうち2項目に当てはまる人は検査を受けるべきだとしている。

 「カテーテルやCTはそれなりのリスクが伴う。新装置の導入で可能になった心臓MRIで検査すべき閾値の幅が広がった。『胸に痛みがある』など心配な場合に検査を受けることをお勧めしたい」と話す。検査は20分ほどで終了し、翌日以降の外来で結果が報告される。

横浜保土ケ谷中央病院

横浜市保土ヶ谷区釜台町43番1号

TEL:045-331-1251

https://hodogaya.jcho.go.jp/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

子持昆布の取扱量 日本一

創業以来「自然の恵みに感謝」の姿勢守る

子持昆布の取扱量 日本一

(株)マーケティングイン谷屋

6月10日号

親子で楽しむクッキング

地域の子育て家庭を応援します 初音丘学園ピッコリーノ

親子で楽しむクッキング

アレルギーや偏食 「悩まないで」

6月10日号

「補聴器のことなら何でもご相談下さい 」

「補聴器のことなら何でもご相談下さい 」

リケン補聴器センター横浜店

6月10日号

「マッサージや電気・薬で 腰痛が治るなんて嘘でした」

金・プラチナの買取強化

査定・宅配・出張無料の買取店わかば

金・プラチナの買取強化

タンスの奥に眠ったままの宝飾品など

6月10日号

地域から行動、発信

県・市の両認証を獲得

地域から行動、発信

株式会社ヨコレイ

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter