保土ケ谷区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

川島小3年1組 地域自慢かるた完成 子ども目線で46首

教育

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
36人の児童が作ったかるた
36人の児童が作ったかるた

 川島小学校の3年1組の児童36人が総合的な学習の時間の授業で1年間にわたり制作を進めてきた46首からなる「川島じまんかるた」が、進級を間近に控えた3月末に完成した。

 「おししがきてパックンいいことあるぞ川島囃子」「のうぎょうは川島のまちのじまんだよ」「めいぶつは西谷ねぎでおいしいよ」――。読み札と絵札92枚から成るかるたは子どもたちが歩いて、見て、聞いて、調べることで得た地域自慢で溢れている。

 プロジェクトは春先からスタート。授業で学校周辺を探検した子どもたちは「地域の歴史や古いものを伝えたい」と考え、紙芝居や絵本、図鑑の制作などを思案した結果、「遊びながら知った知識は頭に残る」とかるたの制作に行き着いた。

候補をふるい

 クラスを「歴史」「自然」「農業」「お店」「行事」「施設」の6グループに分け、まち歩きや調査で集めた「自慢候補」をふるいにかけ、1960年に廃駅となった西谷駅と上星川駅の間にあった新川島駅や、学校裏手にある川島の町を一望できる83段の階段、戦国時代の大名、北条氏康が陣を張った杉山神社など、46の「地域自慢」を厳選した。

 五・七・五から成る読み札を作る際には、郷土かるたを参考にするなどし言葉を選んだほか、地域自慢のひとつである農産物の生産者などの個人名を盛り込むなど独自の工夫を凝らした。学級担任の永谷安樹子教諭は「子どもたちが言葉に対して研ぎ澄まされてく感じだった」と話す。

 終業式を間近に控えた3月末、1年間かけて制作したかるたが完成し、取材協力者やかるた作りの指導を受けた人を招いた披露会では、かるた取り大会を実施。市販されているかるたもあったが、「自分たちが作ったかるたが一番楽しい」などと話していた。

 永谷教諭は「子どもたちが一生懸命に作ったかるたを地域内で活用できる機会があれば声を掛けていただきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

パパたち気軽に育児共有

パパたち気軽に育児共有 社会

こっころ「おとわらの日」2年目に

6月27日号

養蜂場はビル屋上

和田産ハチミツ

養蜂場はビル屋上 社会

地元住民らが今年初の採蜜

6月27日号

区の独自施策が奏功

感震ブレーカー

区の独自施策が奏功 社会

昨年度1412個の設置促進

6月20日号

保土ケ谷から2店が参戦中

保土ケ谷から2店が参戦中 経済

ハンバーグの横浜王座決定戦

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

稀代の名器 音色蘇る

横浜国立大学

稀代の名器 音色蘇る 文化

修理費出資者集め演奏会

6月13日号

新広報車を導入

保土ケ谷交通安全協会

新広報車を導入 社会

57の法人、個人から200万円超の寄付

6月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

愛で障害者を救う

愛で障害者を救う

区内NPOがイベント

7月13日~7月13日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク