保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

ハザードマップ 高まる重要性 活用に本腰 市、「規模超え溢水ある」

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
各区で配布中のハザードマップ
各区で配布中のハザードマップ

 河川が氾濫し甚大な被害をもたらした台風19号で、全国的に浸水被害が想定と一致したことを受け、横浜市もハザードマップの重要性を高めている。市内河川の氾濫はなかったが、市は管理する28河川において、「規模を超える雨で溢水もあり得る」と言及。マップの活用は必須となるが、浸水区域でも浸透していない現状がある。

 市内には、国・県・市と管理のわかれる一級・二級・準用の3区分計8水系56河川が流れる。市は管理するうち、治水対策を必要とする河川を「計画28河川」として選定。1時間あたり約50ミリの雨に対応するため、河道の拡幅や、雨水を貯める遊水地などの整備を進めている。

 万全を期すが、市危機管理担当は「こうした改修の規模を超える降雨が発生したら溢れることも想定される」と今後の可能性に言及する。

 実際、9月3日から4日未明にかけての大雨では、栄区で1時間100ミリの猛烈な雨を観測。15号と19号の接近時には、河川に関しての避難準備・高齢者避難開始となる警戒レベル3、避難勧告となるレベル4が、18区中10区で発令されており、それだけ水位が上がっていたことを示す。

 市作成の洪水ハザードマップは、国と県による浸水想定に、市による準用河川の想定も加え公表している。現在、水系ごとに順次改訂され、2021年度の宮川、侍従川水系(金沢区)で完了予定。その他の地区では、対象となる浸水区域の全約49万世帯・事業所に配布している。

 一般向けにも区役所などで配架し、ホームページで閲覧も可能だが、「入手方法や使い方についての問い合わせが多く、内容まで浸透していない」と市担当者。鶴見区の浸水想定区域に住む70代夫婦は「自宅が浸水するのはわかるが、字も細かく、見方もよくわからない」と活用しきれていない様子を明かす。

 市は今年度、浸水リスクを明記し、マップを見ながら使用する啓発リーフレットを作成。現在、避難者行動調査も行っており、認知度アップや具体的な活用法について考えていく構えだ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「保中タイムズ」が最優秀

保土ケ谷中新聞部

「保中タイムズ」が最優秀 教育

県コンクール3連覇

12月3日号

「見守りシール」普及進まず

認知症高齢者等

「見守りシール」普及進まず 社会

活用事例は2年で27件

12月3日号

「見守りシール」普及進まず

認知症高齢者等

「見守りシール」普及進まず 社会

活用事例は2年で27件

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

終電最大20分繰り上げ

相模鉄道

終電最大20分繰り上げ 社会

来春のダイヤ改正から

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク