保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

保土ケ谷消防署 救急出場が過去最多 2019年の概況まとまる

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 保土ケ谷区内で2019年に発生した、火災と救急出場件数(速報値)がまとまった。火災件数は26件で、前年に比べ8件減った一方、救急出場件数はこれまで最多だった前年を161件上回り、過去最多を更新した。

 市消防局の発表によると、19年の市内の火災件数は685件で前年に比べ17件減少した。区内でも、火災件数は26件で前年に比べ8件減少。過去5年間で最少となった。

 区内で最も目立ったのはたばこが原因の火災で前年より3件増え7件だった。保土ケ谷消防署は「吸い殻を廃棄するときは、灰皿の管理やごみへの燃え移りに気をつけてほしい」と話した。

9年連続増加

 救急出場は、市内で21万2395件(前年比8627件増)、区内でも1万1370件(前年比161件増)といずれも過去最多。区内の出場件数をみると、10年に過去最高を記録して以降、毎年増加の一途をたどっている。要因は高齢者の搬送の増加とみられる。

 高齢者への出場は約5割。同署は、特に多い一般負傷による出場件数を減らすため、一昨年から自治会や民生委員と協力し、各世帯を回りケガの予防対策等の啓発活動を行っている。18年には2009件まで増加した一般負傷による出動は、19年は48件減り1961件だった。同署は「高齢者は自宅でのケガが多い。玄関マットやこたつのコードでの転倒など、啓発活動を続けることで、注意する習慣がつけば」と話した。

 救急出場件数は今後さらに増え続けると予想されている。同署は「救急車を呼ぶか迷った場合は『#7119』の救急相談センターへ電話をするか、市HPの救急受診ガイドを利用してください」と救急車の適正な利用を呼び掛けている。

1/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク