保土ケ谷区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】ホタルの里水辺愛護会(市沢・仏向の谷戸に親しむ会) ホタルの棲む環境整備に評価 国交大臣表彰を受賞

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
環境整備に取り組む会のメンバー
環境整備に取り組む会のメンバー

 保土ケ谷区仏向町と旭区市沢町にまたがる広大な自然を守る活動を行っている市民団体「ホタルの里水辺愛護会(市沢・仏向の谷戸に親しむ会)」(藤川信子代表)が「みどりの日」の制定の趣旨を踏まえ、花と緑の愛護活動に顕著な功績があった民間団体を表彰する「『みどりの愛護』功労者国土交通大臣表彰」を受賞した。

 愛護会は1997年春の設立以降、市沢・仏向の谷戸を中心に水路の保全や景観を守る活動を継続。特に谷戸に生息するホタルの保護には力を入れており、川の清掃や草刈りをはじめ、植栽、水質調査、生物調査などを続けている。

 その成果もあり、毎年、6月ごろには100頭前後のゲンジボタルが幻想的に舞う姿が見られる貴重なエリアとなっている。また、近隣の小学校ともつながりを持ち、児童らに自然環境の大切さに関心をもってもらう機会を創出するなど幅広い活動を展開している。

 代表の藤川さんが家の近くで数百のホタルが飛び交う光景を目にしたことが会を結成するきっかけだった。「こんな素敵な場所を次世代にも残したい」。この思いが原点にある。今回の受賞を受け藤川代表は「大変光栄なこと。多くの人に支えられ運営してきた。本当にありがたい。今年はコロナウイルスの影響もあり観察会は開けないが、この貴重な自然を守っていきたい」と話している。

 保土ケ谷区内からは昨年度、境木ふれあいの樹運営委員会が同表彰を受けており、2年続けての受賞となった。今年度は全国で115団体、横浜市内で同愛護会を含む5団体が表彰された。表彰は5月16日に福井県内で開催される第31回全国「みどりの愛護」のつどいの中で実施される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で式典は中止となった。

 

 

 

 



田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

南米の農村地を食支援

新型コロナ

南米の農村地を食支援 社会

横国大生らが協力呼びかけ

7月9日号

フェイスシールド寄贈

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ

フェイスシールド寄贈 社会

商店街など7カ所に

7月9日号

医療体制拡充に56億円

医療体制拡充に56億円 政治

市、第2、3波に備え

7月2日号

「フリ丸印のぱん」開発

横浜FC

「フリ丸印のぱん」開発 社会

上星川のパン屋とタイアップ

7月2日号

ハチ被害 注意喚起

ハチ被害 注意喚起 社会

「巣を見つけたら区に相談を」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月3日16:09更新

  • 7月2日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク