保土ケ谷区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

県商工高校 「トマト大福」販売 松原商店街の和菓子店と開発

教育

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
販売開始と同時に多くの客がトマト大福を買い求めた
販売開始と同時に多くの客がトマト大福を買い求めた

 県商工高校の流通コースで学ぶ3年生の生徒が11月17日、19日の2日間、洪福寺松原商店街で実習を行った。

 同校の「総合実践」の授業の一環で、今回は同商店街内にある和菓子店「うさぎや」の協力を得て金子農園(青葉区)のトマトを使った大福を開発。ジャガイモの餡とトマトを包んだ特製大福は、販売開始と同時に多くの客が買い求めた。

 天王町に暮らす60代の主婦は「若い人たちのアイデアに興味があった。どんな味か楽しみ。家に帰って早速楽しみたい」と話した。実習に参加した生徒のひとり、杉田瑠奈さんは「コロナ禍で試食していただく機会がないなど苦労もあったが、お客様の反応を見ながら自分たちの商品を買っていただけて嬉しかった」と笑顔で話した。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

コロナ禍でも楽しむ

コロナ禍でも楽しむ 社会

区役所がWEB上に集約

1月28日号

ほどがや弁当まつり開催中

【Web限定記事】コロナ禍で苦しい飲食店を支援

ほどがや弁当まつり開催中 社会

2月1日からはカレーと中華

1月28日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月28日号

コロナ禍での対策学ぶ

コロナ禍での対策学ぶ 社会

3月9日、減災運動推進大会

1月28日号

正しい知識で差別防ぐ

WEB人権啓発講演会

正しい知識で差別防ぐ 社会

新型コロナ 専門家が解説

1月28日号

「ウッチー」クラブと地域繋ぐ架け橋に

【Web限定記事】横浜FC

「ウッチー」クラブと地域繋ぐ架け橋に スポーツ

「『横浜FCがあって良かったね』」と感じてもらえるように

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク