保土ケ谷区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

相模鉄道 終電最大20分繰り上げ 来春のダイヤ改正から

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)は11月19日、2021年春のダイヤ改正で終電時刻を最大で20分ほど繰り上げると発表した。横浜駅から海老名方面へ向かう下り線の場合、保土ケ谷区内(天王町―西谷間)に停車する列車は現状、午前0時42分発の各駅停車かしわ台行きが最終。来春以降はこれが15分程度早まる事になる。具体的なダイヤは1月下旬を目処に公表される。

 発表によると今回の終電時刻繰り上げは線路や施設の保守・点検といった安全対策時間の確保や、作業員の人材確保と働き方の見直し、新型コロナウイルス感染拡大を契機とした深夜時間帯(午後11時以降)の輸送人員減少などが理由だという。

 線路などの保守・点検作業は終電後から始発前までの時間帯に実施している。近年、ホームドア設置の準備工事をはじめとした設備工事量が増加。機械化やIoTの導入などにより作業効率は向上しているものの、従来の人力に頼る作業も多分にある。

 一方で保守作業員の高齢化が顕著で、10年後には大半が引退。若年入職者の確保・育成が喫緊の問題で、作業員の働き方の見直しは急務の課題だった。この課題解決へ向け検討を進めていた。

深夜時間帯の輸送人員4割減

 この様な状況の中、コロナ禍でテレワークや時差通勤など「新しい生活様式」が浸透したことに伴い、深夜時間帯の輸送人員は大幅に減少。感染拡大前に比べ約4割程度減っている状況を受け、終電時刻を繰り上げることで、保守作業に充てる時間を延ばす考えだ。

 相鉄本線下りは、横浜発海老名方面行きの終電時刻が15分ほど、上りは海老名発横浜駅行きの終電時刻がそれぞれ約20分繰り上がる。二俣川駅までの終電時刻は現況と変わらない。

 相鉄いずみ野線の下りは、二俣川発湘南台行きの終電時刻が約15分、上りは湘南台発二俣川行きの終電時刻が20分程度早まる。また、相鉄・JR直通線は上下線とも繰り上げはない予定だという。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

「安全・安心な暮らし支える」

「安全・安心な暮らし支える」 社会

出口区長に聞く

1月7日号

区内2,017人が門出

成人式

区内2,017人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク