保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

公会堂で初のプロレス 地元育ちの選手も活躍

スポーツ

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
場外で相手を捕らえて見方をアシストするTAJIRI選手(奥)
場外で相手を捕らえて見方をアシストするTAJIRI選手(奥)

 保土ケ谷公会堂で初めてのプロレス大会が3月8日に行われた。

 大会は全日本プロレスによるもの。青葉区に道場を持つ同団体が横浜市内で地域密着型の大会を開きたいと考え、公共施設での開催を模索した結果、公会堂を使用することになった。

 ステージと固定客席の間にリングを設置し、リング脇やステージにも席を設けた。選手はステージ中央から登場するなど、数千人が入るような大規模会場に近い演出を行った。

TAJIRI選手凱旋

 全5試合を行い、第3試合の6人タッグマッチには、幼少期を保土ケ谷で過ごし、境木小、境木中、保土ケ谷高校出身のTAJIRI選手が出場。相手を惑わすような独特の動きで持ち味を発揮し、味方をアシストして、チームを勝利に導いた。TAJIRI選手によると、中学や高校時代の知人数人が観戦していたとのことで、”凱旋試合”で存在感を示した。

 ほかの選手からは「横浜なのに、地方大会のような温かさを感じた」などの声が聞かれた。観戦した男性は「リングが近く、とても観やすかった」と感想を語った。

 全日本プロレスは4月28日にも公会堂で大会を予定している。

約200人が集まった会場
約200人が集まった会場

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

5月で開館40年

保土ケ谷図書館

5月で開館40年 文化

記念の垂れ幕など設置

5月19日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月19日号

ボウシテナガザル公開

ズーラシア

ボウシテナガザル公開 社会

19日と30日午後2時〜

5月19日号

3年ぶり対面で総会

3年ぶり対面で総会 経済

県空調衛生工業会

5月19日号

動物園支援に98万円

動物園支援に98万円 社会

募金、ウクライナへ

5月19日号

新日の八王子大会

6月18日

新日の八王子大会 スポーツ

20人招待

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook