保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

コロナ禍の医療従事者らに 仏向小学校5年2組 応援メッセージと花束贈る エコバッグの売上金で購入

コミュニティ社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
感謝の手紙を贈った5年2組の児童(写真上)・クラスの代表児童から手紙を受け取る林泰広病院長(同下)
感謝の手紙を贈った5年2組の児童(写真上)・クラスの代表児童から手紙を受け取る林泰広病院長(同下)

 仏向小学校(塚田三枝子校長)の5年2組の児童35人が「総合的学習の時間」の一環として製作・販売したオリジナルエコバッグの売上金で花束を購入し、感謝のメッセージと共に、新型コロナウイルス感染症治療の最前線に立つ医療従事者や消防関係者に贈った。

 同学級では1年間、「エコ」をテーマに学習を進めてきた。海洋生物が餌と間違え細かく砕かれたプラスチック片を体内に取り込む「海洋プラ問題」に着目。「BUKKOUリサイクルプロジェクト」と銘打ち「プラスチックごみ」の問題を通じ、リサイクルの大切さを学んできた。

 その集大成として使用済みのストローなどを使った再生プラスチックを使ったエコバッグを100枚製作。2月末から学校の近くにある和田町商店街の協力店などで販売してきた。

 「地域住民にも『リサイクルの大切さ』を知ってもらいたい」と思いを込めたバッグは話題を集め、ほぼ完売。販売額450円のうち協力店に委託費として50円を支払い残った400円を花束の購入費用に充てた。

病院など8施設に

 感謝の思いを贈ったのは聖隷横浜病院・横浜保土ケ谷中央病院・保土ケ谷消防署など8施設。3月17日には同校を訪れた聖隷横浜病院の林泰広病院長に花束と「いつも患者さんの治療をしてくださりありがとうございます。私たちができることは外出自粛くらいですが、せめてもの気持ちを贈ります。頑張ってください」など、児童それぞれが記した感謝のメッセージを贈呈した。

 林病院長は「このような取組に感激している。コロナの患者は少しずつ減ってきて、第4波へ向け受け入れ態勢を整えている段階。みなさんもできるだけ予防を徹底してほしい」と話した。メッセージは同院の入口付近に掲出されるという。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場野菜ズラリ

地場野菜ズラリ 社会

あす区役所前で朝市

5月26日号

3年ぶりの賑わい

3年ぶりの賑わい 文化

星川で花フェスタ

5月26日号

放課後の居場所開設

橘中学校

放課後の居場所開設 教育

NPO法人が運営

5月26日号

伝統工芸で国際交流

伝統工芸で国際交流 文化

ワークショップの受付中

5月26日号

雨音に負けず歌唱

区の歌合唱団

雨音に負けず歌唱 文化

現役区長も初参加

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook