保土ケ谷区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

保土ケ谷消防署 「熱中症に注意を」 市内搬送件数は61件

文化

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの収束が見込めないなか、本格的な夏の猛暑がやってくる。保土ケ谷消防署によると、横浜市内で今年5月から6月の間に熱中症によって搬送された件数はすでに61件。7月から8月はさらに増加する見込みで、担当者は注意を呼び掛けている。

 保土ケ谷消防署によると、横浜市内の熱中症搬送件数は5月に19件、6月に42件と増加してきている。保土ケ谷区内では5月の搬送はなく、6月の搬送件数も前年と比較すると減少しているものの、剪定作業を行っていた70代男性が熱中症で救急搬送され、入院する症状の重い事例が発生している。

 熱中症のピークは例年8月だが、体が暑さに慣れていない梅雨の期間も注意が必要だ。搬送件数は、湿度が高い日や日差しが強い日に増える傾向が見られ、同署は「こまめに水分を取り、室温を適切に調節して暑さから身を守りましょう」と啓発する。

 また、暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しやすい高齢者や、体温の調節機能が十分に発達していない小さな子どもは特に熱中症への警戒が必要だという。

 熱中症の約4割は、室内で発生している。同署は熱中症予防のポイントとして「のどの渇きを感じていなくても水分をとること」「熱を外に逃がすことができる服装をすること」「部屋の温度は28度を目安に設定すること」「十分な睡眠」などを呼び掛けている。

マスク脱着臨機応変に

 新型コロナウイルス感染症予防で着用しているマスクは、気温や湿度が高い状況だと熱中症のリスクを高める恐れも。同署では対策として、屋外で人と2m以上離れている時など、適切な距離が保てている場合はマスクを外すなど、臨機応変な対応を推奨している。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook