保土ケ谷区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

横浜市立校 4割が土砂災害警戒区域 避難計画は作成済み

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市立学校の約4割が土砂災害警戒区域に立地することが市教育委員会への取材で分かった。文部科学省が6月に公表した「浸水想定区域・土砂災害警戒区域に立地する学校に関する調査」の結果を受けたもの。調査項目は、全国の同区域内の学校数や避難確保計画の作成状況、避難訓練の実施状況など。

 今回の調査は、近年の気候変動に伴う水害・土砂災害の激甚化等で学校においても被害が発生していることを踏まえ、実施された(調査は2020年10月時点)。市によると、洪水・雨水出水・高潮などの浸水想定区域内の市立学校は、全508校中90校(17・7%)、急傾斜地の崩壊・土石流・地滑りなどの土砂災害警戒区域に立地するのは207校(40・7%)。神奈川県全体の土砂災害警戒区域内の公立校のうち、約半数が横浜市内の学校だ。

対象訓練、全校実施へ

 全国調査では、浸水想定区域の学校および、土砂災害警戒区域の学校のうち、避難確保計画を作成しているのはそれぞれ85・1%、79%。一方、市立校では、21年3月時点ですべて作成済みだという。また、避難確保計画に基づく避難訓練を実施しているのは、全国の浸水想定区域の学校で71・9%、土砂災害警戒区域の学校で67・6%とおよそ7割にとどまっているが、市立校では浸水想定区域で94・4%、土砂災害警戒区域で99・5%という水準にあり、「未実施校も計画は作成済みで、今年度から訓練を行う予定」とする。

 体育館の一部が土砂災害警戒区域である市立さつきが丘小学校(青葉区)では、横浜市防災教育の指針等に沿った具体的な取り組みを行う学校安全教育推進校に手を挙げ、通常の防災訓練とは別に土砂災害発生時の避難基準を設けた。金子博美校長は「災害通知アプリなど外部からの情報を把握し、現場の教師が雨量などに危機意識を持つことが大切」と話す。

 市は今後、これまで行ってきた各校の避難訓練の取組み等を情報共有するとともに、「防災教育」を通常の教科授業のなかに取り入れ、子どもたちの防災意識も高めていきたい考えだ。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今月は中止に

行政書士による無料相談会

今月は中止に 社会

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

〜感染染症対策施し屋内開催〜

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 社会

9月16・27日に

9月16日号

災害支援ナース募集

女性起業家を紹介

【Web限定記事】

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月9日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook