神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2015年9月3日 エリアトップへ

少年野球鶴見選抜 全日本交流大会制す 県勢7年ぶり 強打光る

スポーツ

公開:2015年9月3日

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ鶴見選抜の選手
優勝を喜ぶ鶴見選抜の選手

 このほど保土ヶ谷少年野球場などで行われた第37回全日本選抜少年野球交流大会において、鶴見選抜が横浜港南相手に10対6で勝利し、神奈川県勢7年ぶりとなる優勝を果たした。最優秀選手には主将としてチームを率いた田辺広大君(ニュー横浜スターズ・平安小6年)が選ばれた。

 (一社)神奈川県少年野球交流協会が毎年主催し、県内外の選抜チームを招くこの大会。今年は宮城県や徳島県など県内外から13の選抜チームが参加し、計35チームによるトーナメント戦となった。

 鶴見選抜は参加希望のあったニュービクトリー、ニュー横浜スターズ、潮田イーグルス、下野谷ジュニア、寺尾ジャイアンツ、駒岡ジュニアーズの6チームで編成。監督はニュービクトリーの平山欣彦監督が務めた。

全員野球で頂点

 決勝は横浜港南との市内チーム同士の対決となった。鶴見選抜は準決勝をコールドゲームで勝利した勢いそのままに、決勝戦でも打線が爆発。初回に一挙7点を先制し、ゲームセットまで逃げ切った。

 主将の田辺君は「普段から仲のいいメンバーで勝てて嬉しい。試合に出た人、出られなかった人みんなでまとまって戦えた」と喜ぶ。

 平山監督は「ベンチの選手も心をこめた応援をしてくれた。一戦ごとにチームが強くなり、決勝戦はパーフェクトだった」と全員野球に徹したチーム全員を褒め称えた。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

シニアがダンスバトルで躍動

シニアがダンスバトルで躍動

鶴見区のダンススタジオで大会

6月15日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

横浜市会・鈴木太郎議長が初の「定例会報告」

泥だらけで田植え楽しむ

みその公園横溝屋敷

泥だらけで田植え楽しむ

親子連れら80人以上が参加

6月14日

ひきこもり経験者に聞く

ひきこもり経験者に聞く

鶴見中央で支援セミナー

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook