鶴見区版 掲載号:2015年9月3日号
  • googleplus
  • LINE

少年野球鶴見選抜 全日本交流大会制す 県勢7年ぶり 強打光る

スポーツ

優勝を喜ぶ鶴見選抜の選手
優勝を喜ぶ鶴見選抜の選手

 このほど保土ヶ谷少年野球場などで行われた第37回全日本選抜少年野球交流大会において、鶴見選抜が横浜港南相手に10対6で勝利し、神奈川県勢7年ぶりとなる優勝を果たした。最優秀選手には主将としてチームを率いた田辺広大君(ニュー横浜スターズ・平安小6年)が選ばれた。

 (一社)神奈川県少年野球交流協会が毎年主催し、県内外の選抜チームを招くこの大会。今年は宮城県や徳島県など県内外から13の選抜チームが参加し、計35チームによるトーナメント戦となった。

 鶴見選抜は参加希望のあったニュービクトリー、ニュー横浜スターズ、潮田イーグルス、下野谷ジュニア、寺尾ジャイアンツ、駒岡ジュニアーズの6チームで編成。監督はニュービクトリーの平山欣彦監督が務めた。

全員野球で頂点

 決勝は横浜港南との市内チーム同士の対決となった。鶴見選抜は準決勝をコールドゲームで勝利した勢いそのままに、決勝戦でも打線が爆発。初回に一挙7点を先制し、ゲームセットまで逃げ切った。

 主将の田辺君は「普段から仲のいいメンバーで勝てて嬉しい。試合に出た人、出られなかった人みんなでまとまって戦えた」と喜ぶ。

 平山監督は「ベンチの選手も心をこめた応援をしてくれた。一戦ごとにチームが強くなり、決勝戦はパーフェクトだった」と全員野球に徹したチーム全員を褒め称えた。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

ピーク、市内で最も遅く

鶴見区将来人口

ピーク、市内で最も遅く

4月12日号

タイ料理店がこども食堂

商店主にプロの知識学ぶ

地域課題解決の取組、募集

まち普請事業

地域課題解決の取組、募集

4月12日号

横浜の魅力を発信

『源氏物語』読み解く

4/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海でヨットに乗船を

海でヨットに乗船を

KMC横浜ジュニア 小中学生向け体験会

4月15日~4月15日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク