鶴見区版 エリアトップへ

2020年6月の記事一覧

  • 「インプラントのトラブル防止には?」

    「インプラントのトラブル防止には?」

    かず歯科医院、鈴木院長

     「自身の歯のように噛める」というインプラントだが、気になるのがトラブル――。そこで東急東横線・大倉山駅前にある「かず歯科医院」の鈴木和夫院長に聞いた。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 女性デザイナーとタッグを組んだ家づくり

    女性デザイナーとタッグを組んだ家づくり

    信頼の一級建築士がいる工務店

     鶴見で創業60余年、地域にしっかりと根ざしている「菱田工務店」は、その実直で親切丁寧な仕事ぶりが信頼を得ている。今回手がけたのは中区のY邸新築工事だ。...(続きを読む)

    6月25日号

  • お寺で丁寧な葬儀を

    お寺で丁寧な葬儀を

    寿徳寺 事前準備で”終活”

     「地元のお寺で安価で丁寧な葬儀がしたい」「家族葬で落ち着いた別れにしたい」――。最近は終活として葬儀場を生前に決める人も多く選択肢の一つになりそうだ。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 福祉の仕事、Webで紹介

    福祉の仕事、Webで紹介 社会

    就職希望者向けに県社協

     福祉分野への就職に役立つ情報を無料で配信する「福祉のしごとWebミニセミナー」を、神奈川県社会福祉協議会が始めた。 新型コロナウイルス...(続きを読む)

    6月25日号

  • 畠山紗英選手が五輪へ

    白鵬女子高出身

    畠山紗英選手が五輪へ スポーツ

     白鵬女子高校出身でBMXレースで活躍する畠山紗英選手(21・日体大)が、東京五輪の日本代表候補に内定した。 6月9日に地元の寒川町で練...(続きを読む)

    6月25日号

  • 児童虐待、潜在化を危惧

    横浜市

    児童虐待、潜在化を危惧 社会

    休校などで相談数「微減」

     新型コロナ対策の外出自粛により児童虐待のリスクが懸念された今年4〜5月、市内の児童虐待相談受付件数が前年より減少した。休校などで学校や保育所からの相談が減少し...(続きを読む)

    6月25日号

  • 感染症対策を可視化

    感染症対策を可視化 社会

    県が事業者向けに

     新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、神奈川県は飲食店など県内の事業者向けに、店が実施する感染症対策を店頭などに掲示できる仕組みを導入している。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 鈴木 浩さん

    横浜市幼稚園協会の会長に就任した

    鈴木 浩さん

    泉区在住 54歳

    学びの根っこを育てる ○…子ども・子育て支援新制度の施行や幼児教育・保育の無償化など、この5年間で一変した幼稚園教育の現場...(続きを読む)

    6月25日号

  • 横溝屋敷のアジサイ見ごろ

    横溝屋敷のアジサイ見ごろ 文化

    竹林横に小道

     みその公園「横溝屋敷」(新田弘子館長)=獅子ヶ谷3の10の2=のアジサイが見頃だ。 アジサイが咲いているのは、竹林の横の小道。竹林とア...(続きを読む)

    6月25日号

  • 「家族」描く作品募集

    乳がん絵画コンクール

    「家族」描く作品募集 教育

     乳がん予防の推進や検診の受診率向上を目指し活動する(一社)乳がん予防医学推進協会が「乳がん検診へ行こう絵画コンクール」を開催する。 テ...(続きを読む)

    6月25日号

  • 人数、利用法…制限する苦悩

    withコロナ変わる地域3

    人数、利用法…制限する苦悩 教育

    わっくんひろば ”親子のため”模索

     コロナとともに生きる「withコロナ」の時代。子育て支援施設でもこれまでの形態を変えながら、運営方法を手探りする日々が続いている。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 鶴見出身・東洋のレセップス!?

    「土木事業者・吉田寅松」【5】 鶴見の歴史よもやま話

    鶴見出身・東洋のレセップス!?

    文 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

    合資会社を設立 外資導入で工事着手  埋立て許可が下りた明治三年九月、寅松は、吉田常次郎と横浜商人四人に出...(続きを読む)

    6月25日号

  • お家時間を楽しむ横浜グルメ

    読者プレゼント

    お家時間を楽しむ横浜グルメ 文化

     巣ごもり生活が長く続き「自宅でも美味しいものが食べたい」と思っていた人も多いはず。そこでタウンニュースでは、本紙読者限定で「お家時間を楽しむ横浜グルメ」をプレ...(続きを読む)

    6月25日号

  • 期成会がJRへ要望

    鶴見駅中電停車

    期成会がJRへ要望 社会

    コロナで縮小も継続

     鶴見区民や区内団体などから成る「鶴見駅中距離電車停車等推進期成会」(石川建治会長)が、6月18日、JR東日本の本社ビル=東京都渋谷区=を訪れ、鶴見駅への神奈川...(続きを読む)

    6月25日号

  • 羽田空港に自動運転の車いす

    WHILL(株)

    羽田空港に自動運転の車いす 社会

    人手不足、密回避に寄与

     末広町のベンチャー企業WHILL(株)が6月8日、羽田空港に自動運転技術を搭載した車いす型のパーソナルモビリティ「WHILL自動運転システム」を導入した。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 中学生にも最後の大会を

    中学生にも最後の大会を 教育

    保護者が署名集める

     「子どもたちが未来に向かうための節目を」――生麦中学校3年生の保護者が、新型コロナウイルスの影響で中止になった各種部活動の大会や発表会などの代替大会開催を求め...(続きを読む)

    6月25日号

  • 昼間に蛍観賞会

    昼間に蛍観賞会 教育

     矢向小 工夫し、児童に”光”

     矢向小学校(工藤雅彦校長/児童数951人)で6月3日と4日、児童が登校している昼間に蛍の観賞会が行われた。新型コロナウイルスの影響で夜間の観賞会が実施できない...(続きを読む)

    6月25日号

  • 秋の臨海フェスが中止

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    秋の臨海フェスが中止 社会

    コロナの不安ぬぐえず

     鶴見区民祭りの一つで、毎年10月に実施されていた「つるみ臨海フェスティバル」の中止が、19日に決まった。新型コロナウイルス感染症による社会的情勢が考慮された。...(続きを読む)

    6月25日号

  • 花盗難が相次ぐ

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    花盗難が相次ぐ 社会

    潮田公園 1週間で6件

     潮田公園で花壇に植えられた花の盗難被害が相次いでいる。 盗難被害は、6月12日から21日までに6件。管理事務所近くのサンパチェンスやサ...(続きを読む)

    6月25日号

  • エアコン清掃は今

    エアコン清掃は今

    ダスキン東寺尾 プロの技術人気

     ダスキン東寺尾支店は一日複数回の検温、訪問時の手指消毒など徹底して営業中。現在同店では「毎日フル稼働の前に」とエアコンの清掃依頼が急増しているという。...(続きを読む)

    6月18日号

  • 鶴見出身・東洋のレセップス!?

    「土木事業者・吉田寅松」【4】 鶴見の歴史よもやま話

    鶴見出身・東洋のレセップス!?

    文 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

    一つ目沼地埋立で横浜市街地造成  現在の横浜市中区と南区にまたがる地域は、江戸時代初期に江戸の材木商、吉田...(続きを読む)

    6月18日号

  • 「状況に応じマスク外して」

    「状況に応じマスク外して」 社会

     消防局 夏場の着用に注意

     市消防局は新型コロナウイルスの感染予防に努めながら熱中症対策をするよう呼び掛けている。 マスク着用中は内側の湿度が上がるため、のどの渇...(続きを読む)

    6月18日号

  • CFで加盟飲食店応援

    CFで加盟飲食店応援 社会

    市食品衛生協会「横浜愛」テーマに寄付募る

     市内の約4千の飲食店が加盟する一般社団法人「横浜市食品衛生協会」(八亀忠勝会長)が、新型コロナウイルスの影響で売上が減少する加盟店の救済を目的にクラウドファン...(続きを読む)

    6月18日号

  • 新木 杜希美(ときみ)さん

    横浜繊維振興会による9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

    新木 杜希美(ときみ)さん

    鶴見中央在学 19歳

    お洒落の楽しさ知って ○…世界最高水準の技術で作られるシルク製品ブランド「横浜スカーフ」。最年少の親善大使として魅力を広め...(続きを読む)

    6月18日号

  • 駒岡のアジサイ満開に

    駒岡のアジサイ満開に 社会

    住民ら育てた小道

     駒岡5丁目の小道に咲くアジサイが見ごろを迎え、道行く人の目を楽しませている。アジサイが咲くのは、駒岡5丁目の10番地と11番地の境界あたり。長さ70m、幅員4...(続きを読む)

    6月18日号

  • 8月に代替大会開催へ

    県高野連

    8月に代替大会開催へ スポーツ

    トーナメント方式、無観客で

     神奈川県高等学校野球連盟(熊野宏之会長)は、6月12日に横浜市中区で記者会見を開き、県独自の代替大会「令和2年度神奈川県高等学校野球大会」を8月に開催すると発...(続きを読む)

    6月18日号

  • 弁護士らによる無料相談会

    6月28日(日)

    弁護士らによる無料相談会

    先着8組 ミューザ川崎

     相続や離婚、不動産、借金から節税、終活まで、多岐に亘る問題を解決に導いてきた「専門家集団によるよろず相談会」が6月28日午後1時〜4時半、JR「川崎」駅西口徒...(続きを読む)

    6月18日号

  • 市場西中町が大臣賞

    市場西中町が大臣賞 社会

    防災のまちへ尽力

     市場西中町の住民らから成る「鶴見区市場西中町まちづくり協議会」(森田洋司会長)がこのほど、「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞した。地域が一体となり、道...(続きを読む)

    6月18日号

  • 住居確保給付金の申請殺到

    住居確保給付金の申請殺到 社会

    5月度は千件超の見込み

     収入が減少し、家賃が払えなくなった人に家賃相当額を自治体が支給する「住居確保給付金」。横浜市内の5月の申請数が1000件を超える見通しと分かった。この数字は昨...(続きを読む)

    6月18日号

  • 花苗植えボラ募集

    入船公園

    花苗植えボラ募集 社会

     入船公園が6月20日に実施予定の花苗の植え付けボランティアを募集している。 昨年度も好評を博した園内花壇などへの花苗の植え付け。今年は...(続きを読む)

    6月18日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク