神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2020年9月3日 エリアトップへ

3密防止に分散避難 コロナ対策強化も

社会

公開:2020年9月3日

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、いわゆる3密を防ぐための地域防災拠点の開設・運営のポイントを作成している。

 ポイントでは、避難所・避難場所を出来る限り増やすことをあげる。水害時は上階、また、より安全な親類や友人宅への分散避難を呼びかけている。

 市の担当者は「3密を避けるには分散避難は有効な手段。行政が開設する避難場所に行くことだけが避難行動ではない。日ごろから検討してほしい」と話す。

 また、市は6月の補正予算で、避難所の感染症対策として、アルコール消毒液やマスク、体温計、使い捨て手袋といった感染防止備蓄品の整備を決めた。

 市内の全地域防災拠点459カ所と地区センターなどの補充的避難所202カ所への整備も進めている。

鶴見区版のローカルニュース最新6

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

横浜市会・鈴木太郎議長が初の「定例会報告」

泥だらけで田植え楽しむ

みその公園横溝屋敷

泥だらけで田植え楽しむ

親子連れら80人以上が参加

6月14日

ひきこもり経験者に聞く

ひきこもり経験者に聞く

鶴見中央で支援セミナー

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook