神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

能登半島支援に募金を 豊岡商店街で受付開始

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
「皆様の力をお借りしたい」と商店街関係者ら
「皆様の力をお借りしたい」と商店街関係者ら

 豊岡商店街協同組合で、能登半島地震支援の募金受付が始まった。

 鶴見区は、今回の地震で大きな被害を受けた石川県輪島市と大本山總持寺に縁がある都市として2013年に友好交流協定を結んでいる。同年に同組合も輪島市の総持寺通り協同組合と同協定を結んでおり、区内商店街の中でも輪島市とは密な関係を築いている。先月には総持寺通り協同組合に対し、200万円の寄付も行った。

 募金箱は、同組合加盟77店舗の窓口やレジカウンター前に設置される。3月31日まで設置される予定で、緑色の箱が目印。同組合の阿部正隆理事長は「復興に向けて、少しでも助けになれば。区民の皆様の力をお借りしたい」と呼びかけている。集まった募金は区役所を通じて、被災地に送られる。

友好交流の歴史

 もともと両商店街の交流は07年の能登半島地震をきっかけに始まった。その際、復興支援として鶴見駅西口などで輪島の農産物や海産物の物産展を開催。コロナ禍前は豊岡小学校の児童が輪島市にホームステイを行うなど、民間レベルでの交流に力を入れていた。また、輪島市の高校生が修学旅行で区内を訪れ、總持寺を訪問した際には、同商店街で輪島市PRのためのビラ配りを行ったこともある。

丹沢の山々に抱かれた、爽やかな風の吹き抜ける町

都心まで電車で約90分。豊かな自然と子育てママ・パパに心強い制度がいっぱい!

https://www.town.yamakita.kanagawa.jp/lifetown/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

能登半島支援の義援金募る

寺尾商和会

能登半島支援の義援金募る

豊岡商店街の活動に協力

2月22日

私のまちの連合会長

鶴見区の連合自治会・町内会を紹介します Vol.12

私のまちの連合会長

豊岡地区連合会  木佐美 信行 会長

2月22日

市民2千人を招待

BUNTAI開館式典

市民2千人を招待

3月23日に

2月22日

昭和のヒーロー足跡たどる

アントニオ猪木展

昭和のヒーロー足跡たどる

マークイズで2月25日まで

2月22日

趣味や生きがい 本で残す

趣味や生きがい 本で残す

タウンニュースの自費出版

2月22日

能登のワイン 飲んで応援

能登のワイン 飲んで応援

横濱ワイナリーらイベント

2月22日

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook