神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年2月15日 エリアトップへ

レシ活 失効1.6億円 国に返還へ 市、未使用ポイント分

経済

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
レシ活のアプリ画面
レシ活のアプリ画面

 横浜市が2021、22年度に物価高騰対策などのために行った「レシ活」に関し、利用者が現金や電子チケットに交換せずに失効したポイントが約1億6600万円分あったことを明らかにした。事業費は国の交付金を使って行ったため、市は失効ポイント分の予算を国に返還する。

 レシ活は国の「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を財源とし、21年12月から23年2月まで断続的に実施。利用者がレシートをアプリから投稿し、利用金額の20%がポイントとして付与されるもの。

 昨年6月、市から委託を受けた事業者「WED」のミスで約9万7千人分の約4億円分のポイントが消滅する問題が発生。ポイントは9月に復活したが、その分の有効期限が今年1月13日で終了。市によると1億2500万円分のポイントが使われなかったという。

 これとは別に当初の有効期限までに使用されなかった4100万円分の予算は、WEDから市に返還する仕様になっていなかったが、ミスを起こしたことを受け、WEDが自主的に返納した。

 交付金の扱いに関し、国は22年11月に各自治体へ事務連絡を通知。この中で商品券の有効期限切れで最終的に未換金のまま滞留した分の予算は交付金の対象外である旨が伝えられた。しかし、通知は交付金を所管する政策局からレシ活を行う経済局に伝達されず、昨年9月に市議から連絡の存在を指摘され、市は対応を検討していた。

 市は期限切れ分の1億6600万円を国へ返還するため、2月補正予算案の中に当初の返還見込み額として1億8500万円を計上している。

鶴見区版のローカルニュース最新6

中小企業のDX・デジタル化支援へ補助金

中小企業のDX・デジタル化支援へ補助金

市、上限100万円と10万円の2コース

4月20日

みなとみらいで「スター・ウォーズ」の世界を体感

みなとみらいで「スター・ウォーズ」の世界を体感

4月26日〜5月6日、イベント多数

4月19日

三溪園 重要文化財の内部を期間限定で特別公開

西口でオープンカフェ

西口でオープンカフェ

21日 フードドライブも

4月18日

「ことりっぷ」が新しく

「ことりっぷ」が新しく

観光名所や飲食店を紹介

4月18日

ログハウスでこいのぼり工作

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハープで名曲奏でる

みなとみらいホール

ハープで名曲奏でる

4月27日にコンサート

4月27日~4月27日

鶴見区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook