神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月28日 エリアトップへ

「大蛇」が生麦を巡る 6月2日に「蛇も蚊も」

社会

公開:2024年5月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
本宮(上)と原の過去の様子
本宮(上)と原の過去の様子

 「蛇も蚊も出たけー、日よりの雨け」――生麦の本宮・原地区に江戸時代から伝わる伝統行事「蛇も蚊も祭り」が6月2日に行われる。巨大な「蛇」を大人や子どもが担いで家々をまわり、地域一帯が沸き上がる。

 蛇も蚊もは、約300年前から続く行事。悪疫が流行した際、人々が悪霊を封じ込めようと蛇を作り、海に流したことが始まりだと言われている。

 以前は本宮・原地区が合同で行っていたが、戦前から別々に。両地区とも1992年に横浜市無形民俗文化財に指定されている。

 蛇は、地域住民らが毎年萱などから作り上げる。体長約15m〜20mで、本宮は3体、原は2体作る。一般的な蛇とは違い、角や耳、髭などもあるのが特徴だ。

練り歩きや絡み合いも

 本宮は、午前8時から道念稲荷神社=生麦4の27の21=で神事を行い、その後3体が分かれてまちを練り歩く。クライマックスは11時ごろに生麦小学校前に3体が揃い、校内に進んで絡み合いを見せる場面。雨の様に蛇へ水をふりかけるパフォーマンスもある。

 一方原地区は、新明神社=生麦3の13=で午前7時から2体を地域住民らが協力して作り上げる。その後、午後1時から神社でお祓いをして、4時ごろまでまちを練り歩く。

鶴見区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook