神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年5月30日 エリアトップへ

(PR)

横浜市 地震の「通電火災」防げ 避難前「ブレーカー落として」

公開:2024年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
原因の6割以上が電気関係による「通電火災」
原因の6割以上が電気関係による「通電火災」

 災害はいつ起こるか分からない―。今年元日に発生した能登半島地震を受け、実感した人も多いのではないだろうか。

死因の47%が火災

 横浜市の地震被害想定では、「火災」による死者が全体の死者数の約47%(1548人)と想定。過去の大震災における火災の出火原因の約6割が、「通電火災」(電気に起因した出火)となっている=表。

 特に横浜市は「木造住宅の密集地」が多く、一度出火すると、近隣に炎が燃え広がる可能性が高い。大地震による焼失棟数は7万7700棟に上るともいわれている。

 このような通電火災を防ぐため、「大地震発生時には、ブレーカーを落としてから避難してほしい」と横浜市では呼びかけている。

感震ブレーカー6月から補助拡大

 通電火災を防ぐ手段として、大きな揺れを感知すると自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置も有効だ。

 市では感震ブレーカーの購入・設置費用の補助対象地域を、市内全域へ拡大。補助金申請は、自治会町内会やマンション管理組合単位で行う。申請の詳細は「横浜市感震ブレーカー」で検索。

(問)【電話】045・900・4188(6月〜受付)

横浜市契約事務受任者(総務局地域防災課)

感震ブレーカー設置補助受付窓口ダイヤル

TEL:045-900-4188

https://www.city.yokohama.lg.jp/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/moshimo/wagaya/jishin/sonae/kanshin.html

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

日・祝は救急科診療も

横浜駅直結の整形外科・リハビリ・皮膚科

日・祝は救急科診療も

6月20日

エアコン清掃するなら今

エアコン清掃するなら今

ダスキン東寺尾 電気代節約にも

6月20日

小さな雨漏り見過ごさずに

梅雨は最も雨漏りしやすい時季

小さな雨漏り見過ごさずに

地元で創業87年の信頼感

6月20日

弁護士の無料相談

弁護士の無料相談

相続、遺留分侵害額請求など

6月20日

省エネのカギは”窓ガラス”

省エネのカギは”窓ガラス”

塗装のプロが勧める対策

6月13日

不動産のお悩み解決

神奈川県不動産コンサル協議会

不動産のお悩み解決

6月21日 弁護士ら無料相談会

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook