高津区版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

寄 稿 川崎市2013年度決算審査報告 川崎市議会議員 いのまた美恵

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
いのまた 美恵
いのまた 美恵

 川崎市の2013年度決算審査が終わりました。今年から各常任委員会毎の審査となり、私はまちづくり委員会で、緑政、公園、都市計画、交通政策等の領域で審査しました。

 その報告の前に市の財政状況をお伝えします。市税収入は、市民増により前年比1・3%増の2890億円でした。市の自主財源は66%、交付税等依存財源は34%です。しかし昨年から連続して減債基金(借金返済のための基金)から借りてしまいました。高齢化や今日の不安定な雇用実態、実体経済の動向をみると、今後もセーフティーネットとしての扶助費を削ってはいけないと思っています。

 そんな状況にあっても、今後予定されている大規模事業は(羽田連絡道や南武線立体交差事業などは含まれず)2700億円規模で見込まれています。市長は「強い産業都市」を作ることが財源確保に欠かせないと答弁していますが、今何を優先していくつもりかわかりません。委員会の決算審査では、小杉再開発を取り上げ、1区画開発に市が約20億円、国等合わせると約77億円の税金が使われていながら、市民の声が届かない開発の在り方を批判しました。

 又、増える保育所の半分が園庭なしの現状に合わせた公園整備を求めましたが、市は一向に対応しません。保育の質が問われます。自転車政策では、駐輪場対策ではなく、安全な走行路について問いました。基本的には道路は、人の道を確保し、自転車道を確保し、残ったスペースを自動車が走るべきであり、社会実験では対処療法的実験ではなく、将来の交通や道路体系まで視野に入れて行うべきと、いくつかの実例と共に示しました。
 

猪股美恵

川崎市高津区久本2-5-3

TEL:044-866-7912
FAX:044-866-7912

http://www.mie-inomata.org/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

健康福祉委員会「神戸モデル」を調査

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊼

健康福祉委員会「神戸モデル」を調査

川崎市議会議員 さいとう伸志

1月17日号

深刻化している「空き家」問題

数値でみる川崎と高津No.56 シリーズ

深刻化している「空き家」問題

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月10日号

川崎の未来へ。動く、進める。

新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載224回

「くにこ」の県庁見聞録

試練を乗り越えて

1月1日号

台風19号、教訓生かす街へ

市政広告

台風19号、教訓生かす街へ

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

市が懸念伝えたこと自体、表現の自由を侵す

しんゆり映画祭の上映中止問題 市政報告

市が懸念伝えたこと自体、表現の自由を侵す

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

1月1日号

災害から命守る防災対策を急げ

県政報告

災害から命守る防災対策を急げ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク