高津区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

「日本の仕組みは地方から変える」No.19企画・製作/小川あきのぶ事務所 授業が「わかる」子ども約5割 川崎市議会議員(新しい川崎の会団長) 小川あきのぶ

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 市教委が行っている学習状況調査によれば、学校の授業が「わかる」と答えた子どもの割合は約半数に過ぎません(市内の小5と中2)。そこで、川崎市では今年度から「習熟度別授業」をモデル実施しています。

Q.学習進度に差があるのは当たり前?

A.それは当然です。にもかかわらず、「学力差はない」ことにして全ての子どもに同じ授業をしてしまうことによって、授業が分からない子や物足りない子を生んでしまいます。約半数の子どもしか授業が「わかる」と答えていないのは、まさにそれを表しています。

Q.そこで習熟度別授業なのですね。

A.これまでも、画一的な授業の弊害を議会で問うてきましたが、今年度から「習熟度別授業」がモデル実施されています。例えば算数や数学の授業を2つや3つに分けることによって、個々の習熟度に応じたフォローが可能になります。

Q.「できる」と思えることが大事ですね。

A.授業を分けることを差別だとする意見も一部ではあるようですが、人によって得意不得意があるのは当たり前。わからない授業を受け続けて「できる」と思えないまま卒業してしまう方が問題です。

Q.来年度以降は?

A.現在、今年度の結果を市教委がまとめています。保護者の評判も悪くないようですので、来年度以降は実施校を拡大することなどを議会で求めています。また、クラスを2つに分けるのがいいのか3つに分けるのがいいのかなど、実施方法等についても積極的に提案していきたいと思います。

Q.教育は変わる?

A.とかく教育は国の役割だと思われがちですが、このように自治体から変えていけることもあります。引き続き、教育・子育てについて市長と前向きな議論を交わしていきます。
 

小川あきのぶ

神奈川県川崎市高津区下作延4-28-29

TEL:044-852-6212

http://ogawaakinobu.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

数値でみる川崎と高津No.49 シリーズ

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日号

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

二期目の議会を迎えて

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊶

二期目の議会を迎えて

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月24日号

令和新時代「動く、進める。」

自民党 川崎市議会議員 青木のりお 市政報告

令和新時代「動く、進める。」

5月1日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載220回

「くにこ」の県庁見聞録

ケガに思う

5月1日号

平成時代〜失われた30年?

数値でみる川崎と高津No.48 シリーズ

平成時代〜失われた30年?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月1日号

下げ止まらない投票率は、なぜ?

数値でみる川崎と高津No.47 シリーズ

下げ止まらない投票率は、なぜ?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク