高津区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

連載㉗ 小児医療費助成、小2まで拡充へ 自民党 川崎市議会議員 青木のりお

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市の小児医療費助成制度の対象を現状の小学1年から小学2年の子どもまでに拡充するため現在、議会で議論をしています。

 特に子どもが小さい頃は頻繁に風邪をひくなど、医療費もかかります。日本は先進国の中で子どもの養育費が高く、親の負担が多いと言われています。子育て世代の負担を減らすことで、産み育てやすい環境の更なる充実になればと思います。

 全国的なトレンドは、少子化・人口減ですが、川崎市においては政令市で一番人口が増加し、子どもの数も増えています。

 今回、小児医療費助成制度の拡充が決定されれば年間約2億8千万円支出が増加する見通しです。川崎市では今後、段階的に対象年齢を拡大していく方針です。もちろんそれに伴い歳出は増加しますが、子どもを産みやすい環境づくりは、日本の未来をつくることですので、より多くの皆さんに理解してもらえる様、地域の座談会で話を聞き、情報交換できればと考えています。

 2月20日に地域で子育て中のお母さん達と意見交換をする座談会「青のりカフェ」を行う予定です。相談・陳情、市の事を知りたい等どんな理由でも構いません。どこでも「青のりカフェ」は開催できますので、お気軽にご連絡下さい。
 

青木のりお 様

川崎市高津区千年637-4 グランドゥールチトセ201

TEL:044-788-8899
FAX:044-788-6440

http://aokinorio.com

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「緊急経済対策の取組実績」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 62

「緊急経済対策の取組実績」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月17日号

市内コロナ病床は逼迫、災害級の対策を

市政報告

市内コロナ病床は逼迫、災害級の対策を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

9月3日号

疲弊する救急現場

数値でみる川崎と高津 No.77 シリーズ

疲弊する救急現場

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月3日号

平瀬川の多摩川合流部の浸水対策住民への丁寧な説明を

市政広告

平瀬川の多摩川合流部の浸水対策住民への丁寧な説明を

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

9月3日号

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

県政報告

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

9月3日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載233回

「くにこ」の県庁見聞録

続くコロナの脅威

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook