高津区版 掲載号:2015年6月5日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.1 シリーズ 川崎市の人口は都道府県と同じ 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 5月3日から3期目の議員活動が始まりました。私は前回選挙で落選したため、市政に直接携わるのは4年ぶりとなりますが、改めて感じたのは、川崎市をめぐる環境はさらに厳しくなっているということです。

 たとえば、この4年間で川崎市の人口は約3万6千人増えています。一方、いわゆる現役世代ともいうべき生産年齢人口は逆に4千人以上も減っています。当然ながら、市民一人当たりの川崎市の予算は年々減ってきており、この傾向は今後長期にわたって続くことになります。

 すべての市民が、生涯にわたり安心して暮らし続けられる川崎市を実現するには、まずは厳しい現実を直視することが必要です。私たちの川崎市がどうなっており、私たちの努力でどうなりうるのか。それを皆さんとともに考えていくために、「数値でみる川崎と高津」を連載させていただくことになりました。文中に数字が出てくることも多いと思いますが、お気軽にご覧いただければ幸いです。

 今回は、川崎市の人口がどのくらいの規模なのかを見てみたいと思います。東京都と横浜市に挟まれているため実感しにくいところですが、実は川崎市は極めて大きな自治体に育っています。この4月には147万人を超え、その規模は都道府県にも匹敵するものです。たとえば全国に47ある都道府県と比べると、全体の半数にあたる23県よりも川崎市の方が人口が多くなっています。ちなみに、高津区だけでも人口は22万人を超えており、約1700ある全国の市町村と比べると、上位100位に入るくらいの大きさです。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

街道沿い5会場で賑わい

街道沿い5会場で賑わい

2月25日 大山街道フェスタ

2月25日~2月25日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク