高津区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

市政報告 住民の福祉の増進を明記すべき川崎市の新たな総合計画素案 日本共産党川崎市議会議員 石田和子

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 7月29日、『新たな総合計画素案』についての全員説明会で、共産党からは私が代表質疑しました。

 素案は、策定に当たり「将来を見据えて乗り越えなければならない課題」として【1】少子高齢化の更なる進展、人口減少への転換、生産年齢人口の減少【2】ひとり暮らし高齢者の増加や少子化の進行などをあげています。少子化を克服すれば生産人口も増えます。しかし基本政策は「自助、共助、互助の地域の仕組みづくり」が強調され、公助や福祉の充実の柱はおざなりです。策定に向けて行なったアンケートの市民評価は、「子育て環境が整った町だと思うか」は20政令市中19位をはじめ、高齢者等の福祉や医療も低い評価です。中学卒業までの医療費助成制度、隠れ待機児まで含め安心して入れる保育所整備、介護が安心してうけられる基盤整備の拡充やひとり暮らし高齢者等への福祉など、地方自治法第1条の「住民の福祉増進」に則り公の責任を果たす柱を盛り込むべきです。

 素案では「都市インフラの老朽化で財政の硬直が一層進んでいる」としながら不要不急の大規模開発は莫大な税金投入なのに一層推進の政策です。市債発行の抑制の視点からも見直すべきです。

 市民が主役のまちづくりを進めるには市民との意見交換会を各区で1回開催するよう求めました。

石田 和子

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ishida-kazuko.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

令和3年度予算審議がスタート

志高く真摯に市政へ 市政リポート 57

令和3年度予算審議がスタート

川崎市議会議員 さいとう伸志

2月26日号

「200人に1人」へと急増本市におけるコロナ感染

数値でみる川崎と高津 No.69 シリーズ

「200人に1人」へと急増本市におけるコロナ感染

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

2月5日号

高齢者の現状と今後の計画について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 56

高齢者の現状と今後の計画について

川崎市議会議員 さいとう伸志

1月22日号

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

市政報告

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

川崎市議会議員(公明党) 春たかあき

1月22日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク