高津区版 掲載号:2015年9月4日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.4 シリーズ 増えている「赤字」市債 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 国の借金である国債残高は、今年度末には800兆円を超えると言われています。同様に川崎市も市債を発行しており、昨年度末の発行残高は約1兆円となっています。

 市債というとマイナスイメージを持たれがちですが、本来は適切な自治体運営に必要不可欠なものです。たとえば30億円をかけて小学校を建てる場合、自治体の会計制度では建設した年にすべての負担が発生します。校舎は60年使えても、たまたま建設した年に納税した市民だけが全額を負担するのでは不公平ですので、市債を発行し毎年少しずつ負担するわけです。

 問題は市債残高が増えていることではなく、その中身です。グラフの赤い部分は臨時財政対策債をはじめとする「赤字」市債で、通常の市債とは異なり、日常的な行政サービスなどで消費されてしまっています。本来は国から交付されるべき額が削られたために発行された市債で、結局は将来の川崎市民が返済をしなければなりません。すでに市債残高の3割は「赤字」市債となっており、これ以上、次世代にツケをまわしてはいけないと思います。
 

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おいしいお米の選び方

おいしいお米の選び方

ふるさと館でマイスター講座

5月20日~5月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四二回「石敢當の由来」

    高津物語

    4月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク