高津区版 掲載号:2015年12月4日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.7 シリーズ 川崎が持つ高い税収力 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 前回、川崎市は「市民が若い」大都市であることを見ました。全国の大都市の中で、市民の平均年齢が一番若いということは、本市の税収力の高さにも表れています。

 下記のグラフは、市民一人当たりで見た税収額の比較です。これを見ると、20ある政令指定都市の中で、川崎市は3番目の税収力を持っていることがわかります。大阪市や名古屋市には及ばないものの、全国の大都市の中で3番目の位置を占めていることは注目に値します。

 政令指定都市の中で一番低い熊本市と比べると約7万円、同じ神奈川県内の相模原市とでも5万円ほど、本市の方が高くなっており、それだけ活気がある都市と言えるかもしれません。

 しかし、税収力が高いことが、直接財政力には繋がらないことにも注意が必要です。市民一人当たりの予算額全体でみると、本市は20政令指定都市の中で14番目となってしまいます。これは、税収力が低ければ低いほど、国からの交付金等が多く配分されるからです。本市の場合、予算の半分を市民からの税収で賄っていますが、中には予算の3割程度しか賄うことができない政令指定都市もあります。税収を上げるために努力しても、なかなか予算増につながらない仕組みは、やはり改善すべき課題を含んでいると思います。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おいしいお米の選び方

おいしいお米の選び方

ふるさと館でマイスター講座

5月20日~5月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四二回「石敢當の由来」

    高津物語

    4月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク