高津区版 掲載号:2016年2月5日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.9 シリーズ 一番狭い大都市、川崎市 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2016年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市のもう一つの特徴は、政令指定都市の中で、市域面積が一番狭いということです。グラフは、全国20指定都市の市域面積を比べたもので、本市は144・35平方キロメートルとなっています。これは指定都市の中で一番狭いだけでなく、最大の浜松市と比べると、実に1/10以下に留まります。指定都市全体の平均面積は約600平方キロメートルですので、本市がいかに狭い都市であるかがわかります。

 他方で、川崎市の人口は、20指定都市の中で7番目に多いため、たくさんの人が狭い市域に住んでいることになります。実際に人口密度を比べると、1平方キロメートルあたりの本市人口は、9875人となっており、これは大阪市の1万1952人に次いで2番目の高さとなります。なお、指定都市全体の平均は3715人であり、本市の人口密度は、その約3倍にものぼります。

 人口密度が高いことは、その自治体の活力を示すだけでなく、効率的な行政サービスの提供という点でもメリットとなります。しかし、都市公園や緑地などを含めた住環境という点では、課題を生みやすいとも言えます。長期的な視点に立ち、バランスよいまちづくりが重要です。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 犯罪は増えている?

    数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

    犯罪は増えている?

    みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook