高津区版 掲載号:2016年2月5日号
  • LINE
  • hatena

数値でみる川崎と高津No.9 シリーズ 一番狭い大都市、川崎市 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 川崎市のもう一つの特徴は、政令指定都市の中で、市域面積が一番狭いということです。グラフは、全国20指定都市の市域面積を比べたもので、本市は144・35平方キロメートルとなっています。これは指定都市の中で一番狭いだけでなく、最大の浜松市と比べると、実に1/10以下に留まります。指定都市全体の平均面積は約600平方キロメートルですので、本市がいかに狭い都市であるかがわかります。

 他方で、川崎市の人口は、20指定都市の中で7番目に多いため、たくさんの人が狭い市域に住んでいることになります。実際に人口密度を比べると、1平方キロメートルあたりの本市人口は、9875人となっており、これは大阪市の1万1952人に次いで2番目の高さとなります。なお、指定都市全体の平均は3715人であり、本市の人口密度は、その約3倍にものぼります。

 人口密度が高いことは、その自治体の活力を示すだけでなく、効率的な行政サービスの提供という点でもメリットとなります。しかし、都市公園や緑地などを含めた住環境という点では、課題を生みやすいとも言えます。長期的な視点に立ち、バランスよいまちづくりが重要です。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八四回「二カ領用水」

    高津物語

    2月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇八三回「慰霊碑について」

    高津物語

    2月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク