高津区版 掲載号:2016年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.12 シリーズ 大都市で2位 川崎市の純資産 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 地方自治体の財政状況を評価する手法の一つに、企業会計的手法があります。株式価値の最大化を最終目的とする企業と、住民の福祉の増進を目的とする地方自治体とでは、財政評価の視点も異なってきますが、それでも発生主義・複式簿記を基本とする企業会計的手法は、現状と課題を明らかにする上で役立ちます。

 企業会計的手法で川崎市の財政状況を分析すると、2014年度末の資産合計は4兆4921億円、負債合計は1兆1370億円、差引した純資産合計は3兆3551億円となります。川崎市民一人当たりの純資産は約226万円で、これは政令指定都市の中では神戸市に次いで2番目の高さとなります。

 このように、川崎市の財政状況は極めて良好と言えるのですが、他方で資産の中身を見ると、当然ながら道路のような生活インフラ・国土保全用など、実際には売却できない資産が大半を占めています。その意味では、1兆円を超える負債合計は、決して小さくはなく、さらに緊張感を持った財政運営が必要です。

ほりぞえ 健 

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク