高津区版 掲載号:2017年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.26 シリーズ 最大で4割増える乳幼児数〜新たな将来人口推計 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 川崎市は、今後の人口変化を予測するために「将来人口推計」を3年ぶりに実施しました。前回、2014年に行った人口推計では、本市のピーク時の人口を152万人と見込んでいましたが、今回の推計では158万人に上方修正しています。人口の増え方は同じ川崎市の中でも地域ごとに異なり、行政区別に見ると、ピークを迎える年に20年もの違いがあることは、前号で見たとおりです。

 今回の推計結果を、3年前に行った前回の推計と比べると、市民全体では最大で5%程度の上乗せにとどまりますが、0〜4歳の乳幼児の数は、下記のグラフのように最大で約2万人、40%も上乗せとなっています。このことは、保育所待機児童対策や小児医療費助成等の子育て支援策のための予算を、さらに大幅に増やしていかなければならないことを示しています。

 すべての市民が生涯にわたって安心して暮らし続けることができる川崎市を実現するためにも、こうした将来動向をしっかり見すえなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

KSPでディナーショー

KSPでディナーショー

読者1組2名を招待

8月8日~8月8日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連第一〇五四回「夏の思い出」

    高津物語

    7月20日号

  • 高津物語

    連第一〇五三回「賑わった大山街道溝口」

    高津物語

    7月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク