高津区版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.28 シリーズ 「硬直化」が進む川崎市財政〜2016年度決算 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 本日9月1日から始まる決算議会に先立ち、昨年度(2016年度)の決算概要が公表されました。それによると、一般会計の歳入決算額は前年度から約97億円増え、過去最大の6千148億円となっています。

 しかし、その一方で、必ず支出をしなければならない「義務的経費」も増えており、川崎市の財政はさらに硬直化が進んでいます。

 下のグラフは、義務的経費である人件費、扶助費、公債費の推移を示したものです。人件費は、この10年間で概ね7割程度に削減され、公債費は概ね横ばいで推移しているのに対し、扶助費は倍増しており、このことが義務的経費全体を押し上げています。扶助費とは、保育所の整備や小児医療費助成などの子育て支援や生活保護、重病や障害をもった市民への支援に使われるもので、いずれもが安心して生活できる社会の実現には不可欠な予算であるといえます。

 少子高齢化の進行に伴い、今後さらに扶助費は増えていきます。「ムダをなくして財源を生み出す」といった議論では超えることができない壁に、すでに到達しつつあることを直視することが問題解決のスタートであると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学院生が集大成を披露

洗足音大

大学院生が集大成を披露

1月18日から7日間

1月18日~1月26日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二九回 「高津町の転換」

    高津物語

    1月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇二八回 「街道の高層化」

    高津物語

    1月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク