高津区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉗ 中小企業支援策とごみ減量化対策について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 平成29年第4回川崎市議会定例会が閉会しました。今回はその議論の中から「中小企業活性化施策」と「ごみの減量化・資源化への取組」をご報告します。

第4次産業革命に対応

 川崎市では中小企業活性化に向け、「かわさき産業振興プラン第2期実行プログラム」を計画しました。

 「第4次産業革命」といわれる人工知能、ロボット、ビッグデータなど技術の進歩により私たちのライフスタイルが大きく変化していくなかで、産業構造も劇的に変わることが予想されます。その状況下で市内の中小企業にどう浸透を図り、更なる強化に導いていくかが重要です。川崎市は情報通信産業の従業者割合が非常に高く、優れたものづくり企業が多数集積しており、こうした強みを効果的に結び付けることで大きなビジネスチャンスに活かすことができると考えます。

 そこで市は2016年度から「ICT産業連携促進事業」を実施し、中小企業の経営課題への対応を支援するコーディネータの配置やIoTビジネス参入を促進するプラットフォーム「かわさきIoTビジネス共創ラボ」を設立しました。

 市にはこのような取組みを着実に行い、市内中小企業が第4次産業革命など時代の流れに対応できるよう、しっかりと支援・強化をしていくよう要望しました。

ごみ収集日カレンダーを

 人口150万人を超えた本市ではこれまで以上にごみの減量化が必要で、特に家庭系ごみの減量化・資源化の取組みは重点施策に位置付けられています。

 そこで大切なのが市民への「ごみの排出ルールの周知徹底」です。しかし、市が配布する収集日の情報は曜日のみが記載されていて、カレンダーを見て確認する必要があります。

 一方、他都市では別表のようにカレンダー式で冊子を作成し、毎月の収集日が一目瞭然です。下には広告枠を設け(赤矢印の部分)、広告収入を作成費等の一部に充てているそうです。

 市にはこのような好事例を参考にするよう要望し、周知方法や広告について検討するとの回答を得ました。

杉並区のごみ収集日カレンダーの一部
杉並区のごみ収集日カレンダーの一部

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

連載221回

「くにこ」の県庁見聞録

勤務医師と製薬会社

7月5日号

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

数値でみる川崎と高津No.50 シリーズ

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月5日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

数値でみる川崎と高津No.49 シリーズ

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日号

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

二期目の議会を迎えて

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊶

二期目の議会を迎えて

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク