高津区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉙ 融資制度の拡充と行財政改革 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 平成30年第1回川崎市議会定例会が3月16日まで行われました。今回は、私が市長や関係当局に質問した中から、「融資制度の拡充」と「行財政改革における財政効果」についてご報告します。

中小企業や起業を支援

 川崎市では、経済変動の影響を受けやすい中小企業が一時的にまとまった資金が必要な場合に、円滑に資金調達ができるよう「小口零細対応小規模事業資金」という融資制度を設けています。この制度では、これまで限度額は1250万円でしたが、来年度から2000万円まで拡充することになりました。しかし、せっかく拡充することになっても経営者の方から「この制度を知らなかった」という声もよくお聞きします。当局に現状を確認したうえで、改めて情報発信を強化するよう求めました。

 また、市内での創業を促進するため、創業者向けの融資制度「アーリーステージ対応資金」の融資限度額もこれまでの2500万円から3500万円まで拡充するほか、利率の引下げなどを行うことになりました。 小規模事業者向けや、起業創業者向けの融資が拡充されることは非常に良い取組だと思います。当局には、このような融資制度が希望する方々にしっかり伝わり、利用しやすい制度であるよう更なる改善を、そしてニーズの高いものには手厚く支援できる制度づくりなどを強く要望しました。

行財政改革の推進を

 川崎市では行財政改革の一環として、市職員の提案でコスト削減ができた場合にその節減分を市民サービスに還元できる「コスト削減奨励制度」を実施しています。2004年度に始まり、提案数は多い時には年間47件ありましたが、少ない時は3件とばらつきがあります。予算のムダを省き、大切な税金を有効活用するよう、同制度の積極的な活用を当局に促しました。

 また、市有財産の有効活用についても質問し、川崎市には16年度末現在で活用可能な市有地が107件、約1万平方メートルあります。貴重な市有財産ですから、このような土地を塩漬けにせず、また不法占拠されているような場所については法的措置も視野に解消への取り組みを厳正に実施し、改革を着実に推進するよう要望しました。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

コロナ禍で「危機的な地域交通」

数値でみる川崎と高津 No.65 シリーズ

コロナ禍で「危機的な地域交通」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月2日号

「高齢者外出支援乗車事業」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 53

「高齢者外出支援乗車事業」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月25日号

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

数値でみる川崎と高津 No.64 シリーズ

コロナ禍で注目される 「高津区民の移動範囲」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月4日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク