高津区版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.34 シリーズ 問われる下水道の更新 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 本市の下水道事業は、1931年に川崎駅周辺地区から始まりました。戦後の高度成長と人口増加に伴う生活環境の悪化や、河川等の水質汚濁、雨水による浸水などに対応するため、下水道の普及促進が進められてきました。

 下記のグラフは、下水道処理の人口普及率を示したものです。本市では、70年代から90年代にかけて急速に整備が進み、現在は99・5%の普及率となっています。これは指定都市20市中6番目の高さとなります。

 近年では、ゲリラ豪雨などによる浸水被害を防止するための雨水対策が重要となっています。また、集中的に整備されてきた下水道の管渠(かんきょ)も耐用年数である50年を迎えつつあり、これから大量更新時期に入ります。なかでも私道に敷設された管渠の更新が課題であり、都市インフラとして適切に維持運営するためにも、費用負担を含めた行政の支援が不可欠であると私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大人のための理科教室

大人のための理科教室

県立川崎図書館で無料講座

10月20日~10月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇六四回「紺屋」

    高津物語

    10月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク