高津区版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • はてぶ

数値でみる川崎と高津No.39 シリーズ 長期にわたる放射能汚染 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 東日本大震災から、すでに7年が経過しました。しかし、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染は、いまだ川崎市にも影響を与えています。

 下記のグラフは、本市において、下水処理に伴い発生する汚泥焼却灰の放射性セシウム平均値を示したものです。

 原発事故前は、焼却灰はセメント原料として出荷していましたが、事故後は、高濃度の放射性セシウムが検出されたため、出荷中止となりました。

 本年3月からは、基準値である100ベクレル/kgを概ね下回り始めたため、やっとセメント業界への出荷も再開となりましたが、放射能濃度の高い2015年度までの焼却灰については、今後も臨海部浮島地区で保管し続ける必要があります。

 福島から遠く離れている川崎市内で発生する下水汚泥の焼却灰にも、出荷できないレベルの放射能が、つい先日まで含まれていたことの意味を、決して忘れてはならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「とどろき大会」市とタッグ

プロレスヒートアップ

「とどろき大会」市とタッグ

田村代表ら 10月31日に熱戦

10月31日~10月31日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

    高津物語 文化

    10月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク