高津区版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.39 シリーズ 長期にわたる放射能汚染 川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena

 東日本大震災から、すでに7年が経過しました。しかし、福島第一原子力発電所事故による放射能汚染は、いまだ川崎市にも影響を与えています。

 下記のグラフは、本市において、下水処理に伴い発生する汚泥焼却灰の放射性セシウム平均値を示したものです。

 原発事故前は、焼却灰はセメント原料として出荷していましたが、事故後は、高濃度の放射性セシウムが検出されたため、出荷中止となりました。

 本年3月からは、基準値である100ベクレル/kgを概ね下回り始めたため、やっとセメント業界への出荷も再開となりましたが、放射能濃度の高い2015年度までの焼却灰については、今後も臨海部浮島地区で保管し続ける必要があります。

 福島から遠く離れている川崎市内で発生する下水汚泥の焼却灰にも、出荷できないレベルの放射能が、つい先日まで含まれていたことの意味を、決して忘れてはならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊸

札幌市の不妊治療支援事業・不育症治療費助成事業について

川崎市議会議員 さいとう伸志

8月23日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載222回

「くにこ」の県庁見聞録

〈7月5日号続き〉 勤務医師と製薬会社【2】

8月9日号

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

数値でみる川崎と高津No.51 シリーズ

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月2日号

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊷

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月26日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載221回

「くにこ」の県庁見聞録

勤務医師と製薬会社

7月5日号

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

数値でみる川崎と高津No.50 シリーズ

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月5日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク