高津区版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉟ 環境エネルギー推進事業について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市では、地球温暖化防止を推進するとともに持続可能な低炭素社会を構築するため、住宅等に創エネ、省エネ、蓄エネ設備の設置支援事業を行っております。

 例えば、建物全体でエネルギーを効率的に使用するためのHEMS(ヘムス)=イラスト=と呼ばれるエネルギー管理装置や、太陽光発電設備等の環境配慮機器の導入促進のため助成金を用意しております(新築に限る)。

 しかし、この補助金申請が3年前には約3700万円ありましたが、昨年度はおよそ半分に減少しました。一般家庭での導入が一定程度進みましたが、新しいシステムも開発が進んでおり、今後も取組みを推進することが大切です。市には更なる広報に努めるよう要望しました。

 また、先日視察した大阪府堺市では、ITを使って家庭内のエネルギー消費を最適に制御する「スマートハウス」が建ち並ぶエコモデルタウンが進められていました。

 本市でも麻生区のはるひ野地区で住宅メーカーが進める高断熱・高気密住宅の分譲に補助を行っておりますが、集合住宅が多い本市ならではの施策として、集合住宅での再生可能エネルギーの導入に向けた手法や課題について調査、取組みを進めるべきと考えます。

災害で注目される蓄電池

 また、先月発生した北海道胆振東部地震では道内全域で停電が発生し、多くの方が数日間にわたって不安な日々を過ごされました。そしてこの時、注目されたのが家庭用の蓄電池でした。

 平均的な家庭用蓄電池の容量は約6kWhで、3日間程度の電力をまかなえると聞いています。災害時に電力を安定確保できる蓄電池が普及することにより、市民の安心、安全に寄与できればと考えます。今後も市に普及啓発に力を注ぐよう求めてまいります。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook