高津区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

連載222回 「くにこ」の県庁見聞録 〈7月5日号続き〉 勤務医師と製薬会社【2】

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

くにこ)製薬会社から講演料・コンサルタント料などの名目で1千万近くの金銭を受領している医師が、県立病院にいます。

司会)はい、前回伺いました。

くにこ)調べてみると、県立病院には、服務規程、兼業規定が作られています。それに違反しているかどうか?が、大事だと県立病院や県担当課は答えてきました。兼業するには、事前届け出、内容によっては許可申請が必要。それを審査する組織もある。当該医師は規定に則って届出しているので、問題ないとのこと。

司会)え?

くにこ)おかしいですよね。事後審査はしていないんですよ。規定があり、届出や許可が必要な兼業であるならば、その届出等が、その通りに行われているのかを、事後にチェックすることは非常に重要な事ですよね。チェックしないのならば、兼業規定もあってなきがごとく。

司会)その通りです。

くにこ)しかも、データベースと突合してみると、全く届出していないアルバイトもしているんです。そういう無届アルバイトを含むと、年間1200万円以上の受領額に達します。そういう事を調査しようともしていない。しかも、金銭を受領している製薬会社からの薬ばかり、当該医師は処方している。こういう事実があるのに県立病院は放置しているんですよ。

司会)おかしいですよ。

くにこ)そうでしょ?当該医師処方の薬が、本当にその患者さんに最適な薬なのかどうか?アルバイトさせてもらっているからその会社の薬を処方しているのかも?患者さんが不信感をもちますよ。だから、製薬会社からの金銭受領額は、全て明らかにしようという法律が各国で制定されているんです。命がかかっているのですからね。

司会)県立病院は医師管理ができていない、っていうこと?

くにこ)そう言われても仕方ない状態ですね。医師管理だけではなく、これでは、医療ガバナンスそのものに疑問を持たざるを得ません。何とかしなければ!

神奈川県議会議員 小川くにこ

川崎市高津区久本2‐7‐34

TEL:044-865-1313
FAX:044-888-3600

http://www.kinet.or.jp/seseragi/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

数値でみる川崎と高津No.51 シリーズ

「ふるさと納税」で市民サービスは低下?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

8月2日号

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊷

「いこいの家・老人福祉センター活性化」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

7月26日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載221回

「くにこ」の県庁見聞録

勤務医師と製薬会社

7月5日号

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

数値でみる川崎と高津No.50 シリーズ

川崎市職員の1/3は「非正規公務員」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

7月5日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

残暑お見舞い申し上げます

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)横山剣(クレイジーケンバンド)ニューアルバム発売記念イベント他

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク