高津区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津No.53 シリーズ 川崎は「公害のまち」? みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 戦後から高度成長期にかけて、川崎市の一番の課題は、大気汚染などの公害でした。工場から排出されるばい煙や汚水は、複合して広範囲に大きな影響を与え、市民生活を脅かしました。

 本市は、1972年に新たな公害防止条例を制定し、全国に先駆けて環境目標値の設定や排出総量規制などを行い、「川崎方式」と呼ばれる抜本的な取り組みを進めてきました。

 下記のグラフは、全国大都市における大気汚染を比較したものです。二酸化硫黄、二酸化窒素とも、すでに東京都区部や大阪市を下回っていることがわかります。

 他方で、二酸化窒素を見ると、全国的な傾向として、住宅地等の一般環境大気測定局と比べ、道路周辺の自動車排出ガス測定局の数値の方が2倍程度高くなっており、いまだ課題は残っています。また、地球温暖化など、新たな問題も生まれてきている中、環境施策の重要性は、さらに高まっていると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「新型コロナ対策費補正予算」が可決

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊿

「新型コロナ対策費補正予算」が可決

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月22日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載227回

「くにこ」の県庁見聞録

コロナ禍―医療編【2】

5月15日号

「緊急事態宣言」の効果は?〜医療崩壊の危機

数値でみる川崎と高津 No.60 シリーズ

「緊急事態宣言」の効果は?〜医療崩壊の危機

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月1日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載226回

「くにこ」の県庁見聞録

コロナ禍―補正予算

5月1日号

コロナ対策と台風19号検証

コロナ対策と台風19号検証

みらい川崎市議団 いわくま ちひろ

4月17日号

新型コロナウイルス対策に全力を!

県政報告

新型コロナウイルス対策に全力を!

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    5月29日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.4  「塗装業者選びの判断基準」とは?【3】

    5月29日号

  • 溝ノ口劇場

    溝ノ口劇場

    クラウドファンディング「小劇場エイド基金」にご協力ください

    5月22日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク