高津区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊺ 二次避難所(福祉避難所)の防災対策について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena

 先日の台風19号でお亡くなりになられた方、また被災されたすべての方々に哀悼の意とお見舞いを申し上げます。

 台風などの大規模な自然災害が発生した際、懸念されるリスクの一つに「停電」があげられます。

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県でも長期間の停電に見舞われ、特別養護老人ホームで冷房などが使えない状態が続いた結果、入居者が熱中症で亡くなるという痛ましい事態が発生しました。

 こうした施設は入居の有無に関係なく災害発生時はお年寄りや障がい者、妊婦などを優先的に受け入れる「二次避難所(福祉避難所)」となるため、しっかりとした防災対策が必要です。私たち自民党川崎市議会議員団は、決算の総括質疑の中で市に対し「市内の特別養護老人ホームにおける非常用自家発電機の設置状況について」確認しました。また自家発電機が設置されていても定期的に動作確認をテストする「負荷試験」が必要であり、その費用も1カ所につき数十万円と高額にのぼる事から、行政による費用補助などについて問い質しました。さらに区役所と二次避難所の連携強化の取組みとして、被災状況や必要な物資、人員などを迅速に把握できる情報共有の必要性についても言及し、早期のシステム構築に向けて検討するよう促しました。

積極的な具体策の実施を

 これらの防災対策については横浜市などが先駆者的に行政主導で取り組んでおり、具体的な方策も打ち出されています。

 しかし今回、川崎市の答弁は具体性に乏しく、自家発電機の負荷試験の費用は「各施設において対応して頂いている」との事。補助についても全く行われておらず、情報共有のシステム構築についても「より効果的な方法を検討していく」といった回答のみで、残念ながら前向きに取り組もうとする姿勢はあまり感じることができませんでした。

 台風19号の影響でも区内外で多くの停電が発生するなど事態は急を要します。今後も引き続き市に対し、粘り強く働きかけていきたいと思います。

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

川崎でも急速に進む温暖化

数値でみる川崎と高津No.54 シリーズ

川崎でも急速に進む温暖化

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月1日号

平瀬川護岸工事、早急の取組を

県政報告

平瀬川護岸工事、早急の取組を

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

10月11日号

川崎は「公害のまち」?

数値でみる川崎と高津No.53 シリーズ

川崎は「公害のまち」?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

10月4日号

平成30年度一般会計決算について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊹

平成30年度一般会計決算について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月27日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載223回

「くにこ」の県庁見聞録

女性活躍推進議連

9月13日号

過去最高を更新した市税収入率

数値でみる川崎と高津No.52 シリーズ

過去最高を更新した市税収入率

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その4 石塚 卯三夫さん

    12月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その3 石塚 卯三夫さん

    12月6日号

  • 区長かわら版

    区長かわら版

    このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

    11月29日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク