神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2020年3月13日 エリアトップへ

溝ノ口劇場 「地元文化を守りたい」 存亡危機、安全確保に全力

社会

公開:2020年3月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
イベント前日、客席の除菌作業は深夜にまで及んだ
イベント前日、客席の除菌作業は深夜にまで及んだ

 地元のカルチャー創造拠点として、様々な話題を提供する「溝ノ口劇場」(重岡俊之オーナー)が苦境に喘いでいる。全国的に猛威を揮う新型コロナウイルスの影響次第では施設自体の運営も危ういといった状況下、観客の安全確保など懸命な努力を続けている。

客席をアルコール除菌

 3月9日夜、同劇場で行われていたのは「グランドピアノの搬入作業」。翌日に控えたクラシックコンサートの開催を前に、専門スタッフによる調律と並行して、会場設営を行う劇場スタッフの手にはアルコール除菌スプレーが。客席椅子の座面や背もたれ、脚部を一つずつ丁寧に拭く姿には、観客をウイルス感染から守ろうとする強い意志が感じ取れた。

 また催し当日も、体調不良の人には参加しないよう呼びかけると共に来場者にはマスクを配布。咳エチケットの徹底を図り、アルコールによる手指の消毒も全員に施し、スタッフ全員もマスク着用という”厳戒態勢”。

 劇場支配人の菅野真楠さんは「昨今の社会情勢を鑑み、劇場内の清掃・消毒・換気はもちろん、客席同士の間隔を広くする等、出来る限りの準備をしています」と話す。

「出来得る最良の方策を」

 大阪のライブハウスで新型コロナの集団感染が報じられて以来、同劇場にもイベント実施の可否を問う声が多く寄せられるなど厳しい運営を強いられているという。

 だが大手映画館は営業時間短縮等はあるものの上映中止に至っていない(10日現在)のも事実。

 重岡オーナーは「当劇場のような中・小規模の”ハコ”の中には(相次ぐキャンセルで)全国的にも閉鎖の危機に瀕しているところも多い」と説明。その上で「衛生面で来場者の安全を最優先に考え、出来る最良の方策を講じていければ」と現状下での方針を語る。同所では今月、市内出身俳優の一人芝居も予定通り実施される予定=今号・中面に関連記事=。「地元の文化」を守るべく、感染症リスクとの懸命な攻防を続けている。

入場前に手指の消毒も全員に徹底している
入場前に手指の消毒も全員に徹底している

高津区版のトップニュース最新6

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 、10日から

6月7日

民間の力で、つながる場へ

橘公園

民間の力で、つながる場へ

「たちばなハット」オープン

6月7日

儀式と雅楽で開園祝う

橘樹(たちばな)歴史公園

儀式と雅楽で開園祝う

飛鳥時代の倉庫、間近に

5月31日

生育は順調、釣果に期待

多摩川のアユ

生育は順調、釣果に期待

あすの解禁前に「試し釣り」

5月31日

ジュニア選手育成に本腰

久地ゴルフガーデン

ジュニア選手育成に本腰

「第1号」に戸張美音さん

5月24日

「ホタルの光、今年も観賞を」

たちばなふれあいの森

「ホタルの光、今年も観賞を」

31日から予定 羽化遅れれば開催順延も

5月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook