高津区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.59 シリーズ 感染症拡大に備える〜「基本」の徹底を みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスによる感染症が徐々に広がっています。

 下記のグラフは、川崎市内におけるインフルエンザ患者数の推移を示したもので、1シーズンで平均200〜400名程度の患者が各医療機関を受診しています。厚生労働省の推計では、昨シーズンの総患者数は約1千2百万人とみられており、単純計算すると、川崎市内でも15万人程度がインフルエンザにかかったことになります。

 現時点では、新型コロナウイルス感染症は、全国レベルでの爆発的な拡大には至っていません。しかし、不要不急の外出を避けるとともに、手洗いや体温の計測など、感染症対策の基本をしっかり行っていくことが大切であると思います。

 今回の感染症は、適切な治療を受けられれば、致死率は1%程度(季節性インフルエンザの致死率は0・03%程度)に収まるとみられています。「医療崩壊」を起こさないためにも、一番身近な行政である川崎市はもちろん、私たち一人一人の取組も問われています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載231回

「くにこ」の県庁見聞録

緊急避妊薬【2】

11月27日号

国と地方の役割分担の見直しを

自主的かつ安定的な大都市財政運営のために 市政報告

国と地方の役割分担の見直しを

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

11月20日号

高止まりしている「新型コロナウイルス」

数値でみる川崎と高津 No.66 シリーズ

高止まりしている「新型コロナウイルス」

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

11月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載230回

「くにこ」の県庁見聞録

緊急避妊薬【1】

11月6日号

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

志高く真摯に市政へ 市政リポート 54

決算審査特別委員会の総括質疑に立つ

川崎市議会議員 さいとう伸志

10月23日号

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

市政報告

急傾斜地・レッドゾーン安全対策を

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク