高津区版 掲載号:2020年5月1日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.60 シリーズ 「緊急事態宣言」の効果は?〜医療崩壊の危機 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2020年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 本市においても、新型コロナウイルス感染症が広がっています。

 下記のグラフは、この間の新規感染者数の推移を示したものです。これを見ると、4月7日に発せられた「緊急事態宣言」以降、新たな感染者の発生が抑えられつつあることがわかります。とくに、20〜50歳代までの現役世代で目に見えて減ってきており、移動の抑制が新規感染者の減少に一定の効果があることが、示されています。

 とはいえ、60歳以上の方の感染ペースは衰えておらず、また全体的にこの状況が続けば、重篤な症状に対する十分な医療行為は難しくなるとみられています。さらに、自粛による市民生活への影響は急速に拡大しており、業種や業態によってはすでに破壊的なレベルに至っています。

 一人一人ができることを確実に行うとともに、国・県・市は連携して、医療資源の確保と市民生活を支えるための、あらゆる手段を徹底的に実行しなければなりません。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク