高津区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

市政報告 臨海部を脱炭素・再エネ拠点に 日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 世界各地で気候危機と呼ぶべき非常事態が起こっています。世界でも日本でも脱炭素戦略は早急の課題となっています。特に川崎市は政令市最大のCO2排出地域であり、特に5か所の火力発電所、鉄鋼、石油関連企業7社で市内排出量の7割を占めています。この7社との協定を結んで削減目標、計画を立てることを要望しました。

 一方、臨海部には再生可能エネルギーの大きな可能性があります。臨海部の電力、鉄鋼、石油関連の再編などで大規模な土地利用転換が予想され、この土地にどんな企業が来ても、その建物や駐車場の屋根に太陽光パネルを設置することは可能です。

 わが党が研究委託して試算した結果では、臨海部の敷地の60%に太陽光パネルを設置。風力発電も既存の風力発電所に陸上・海上の18か所を加え、既存のバイオマス発電所を加えると、2050年までには市内の電力使用量の約7割を臨海部の再生エネルギーで賄えることが明らかになりました。

 臨海部をCO2削減、再エネの一大拠点にすることを要望しました。

むねた裕之

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.muneta-hiroyuki.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook