高津区版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ 犯罪は増えている? みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena

 意外に感じられる方も多いと思いますが、全国で発生する犯罪件数は2002年をピークに減少し続けています。本市においても傾向は同じで、3万件だった刑法犯認知件数が、昨年は6千件を下回り、20年間で1/5以下に減りました。殺人や強盗、放火などの凶悪犯についても概ね同様で、私たちが日常生活の中で犯罪に遭遇するリスクは大きく減少したことになります。

 他方で、ある日突然、犯罪に巻き込まれてしまった被害者等は、直接的・間接的な被害に苦しむことも多く、本市でも相談窓口を設置してきました。さらに昨年12月には、犯罪の被害にあわれた市民への支援を抜本的に強化するために「川崎市犯罪被害者等支援条例」を制定し、見舞金の支給や生活支援、カウンセリングによる心理的ケアなどの包括的な支援が始まりました。

 まだまだ課題も少なくありませんが、着実に取り組みを進め、被害者にしっかりと寄り添った施策運営が求められています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

環境委員会へ所属・行政視察を実施

志高く真摯に市政へ 市政リポート 68

環境委員会へ所属・行政視察を実施

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月27日号

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook