中原区版 掲載号:2012年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市内17カ所 災害時の一時滞在施設に 帰宅困難者対策として

指定を受けた市民ミュージアム
指定を受けた市民ミュージアム

 災害時の帰宅困難者対策の一環として川崎市はこのほど、市内の主要ターミナル駅周辺の公的な17施設を一時滞在施設に指定した。中原区内では市民館や図書館など6ヵ所が指定された。

 東日本大震災が発生した2011年3月11日には川崎市内でも大勢の帰宅困難者が発生した。市によると、当日、市内の各施設に一時滞在した帰宅困難者は、近隣からの避難者と合わせて5500人に達した。これを受け市では、災害時にむやみに移動しないという原則のもと、一斉帰宅の抑制などにより、帰宅困難者を発生させないための施策を重視した対策を進めている。

 一時滞在施設の指定条件は▼主要ターミナル駅から直線距離で2Km前後までの施設▼耐震化済み、もしくは耐震化の必要なしと診断された建物▼地震災害時の避難所等として指定されていない施設▼延床面積が1千平方メートル以上の建物――となっている。対象となったターミナル駅は川崎駅、武蔵小杉駅、武蔵溝ノ口駅、登戸駅、新百合ヶ丘駅。

 今回、第1次として指定された17施設の受け入れ可能人数は計約8500人。一時滞在施設は災害発生時、建物や周辺の安全が確認できた後、主要ターミナル駅の滞留者の状況に応じて順次開設する。指定施設の情報は市ホームページに掲載される。今後は民間施設等にも協力を呼びかけ、指定施設を追加していく計画。一定数が集まり次第パンフレットを作成し配布、または駅に置くなどの周知活動を行う構想もあるという。川崎市地域防災計画の資料にも記載する。

 市ではまた、帰宅困難者対策が円滑に進むよう、交通事業者や警察署、消防署、一時滞在施設、商店街、学校、区役所等による協議会組織の設置を各区で検討するとしている。

区内では

 区内では、大震災以降、警察・消防・区役所等による意見交換会を行っている。区役所では「まずこの協議の充実を図ることが必要」と話し、協議会組織の設置に繋げていきたい考えだ。

 今回、区内で一時滞在施設に指定されたのは、市教育会館、中原図書館、中原市民館、生涯学習プラザ、平和館、市民ミュージアム。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク